セルフネイルをする時の注意すべきポイントを抑えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ジェルネイルを始めるのはジェルネイルキットや道具など簡単に手に入れることができるので、道具を揃えればすぐに始めることができるのですが、知識が無いままジェルネイルを行ってしまうと、ネイルトラブルになってしまいます。

今回、セルフネイルに興味がある人、セルフネイルを始めようとしている人に、これだけは抑えておきたいセルフジェルネイルの注意するポイントをまとめましたので、参考にしていただければ光栄です。

ジェルネイルの抑えておきたい注意点とネイルトラブル

最近、ネイルのなかでもジェルネイルが主流になっています。そして、自宅でネイルを行うセルフネイルも楽しむ方も増えています。

「毎月のネイル代の節約」「ネイルサロンに行く時間が無い」「自分で好きなデザインを気兼ねなくやりたい」「ネイルが好き」「自分で色んなネイルデザインをしてみたい」そんな女性の強い味方がセルフネイルです。

ただ、独学で知識の無いままネイルを行うことで、ネイルのモチが悪かったり、ネイルトラブルの原因になったりしてしまうのです。

下記に紹介するのはそんなセルフで行うジェルネイルの注意点、ネイルトラブルを紹介します。

ネイルトラブルにならないためにも、きちんとした知識を身に付け、よりセルフネイルを楽しみましょう。

★グリーンネイル

一度は聞いたことがある人も多くいる「グリーンネイル」は、その名の通り、爪が緑色に変色する緑膿菌感染症という爪の病気です。

コケみたいな色で、カビが生えたみたいな色をしています。

原因はジェルの浮いた隙間から水分が入り込み、菌が繁殖してしまい起こります。

グリーンネイルになってしまうと、皮膚科へ行って治療する必要な場合があり、爪が伸び、生え変わるまでネイルができなくなってしまいます。

軽度なら変色した部分が生え変わるまで伸ばし切ってしまえば済むのですが、重度になると皮膚まで細菌が行ってしまうので、完治するまで時間がかかってしまいます。

グリーンネイルの予防には下記の3つが大切なので、気をつけましょう。

【ジェルネイルをして3週間以上放置しない】

【リフトしてきてしまったらオフをすること】

【手を洗ったり、お風呂に入ったときなどは、手をしっかり乾かす】

★ジェルネイルアレルギー

ジェルネイルに使われているものは、殆どが化学薬品です。そのため取り扱いを間違えば危険なものでもあるのです。

ジェルネイルのオフで使うアセトンは、引火性と高い揮発性を持つ危険な薬品なため、アレルギーを起こすこともあります。

ジェルメーカーによっても体質に合わないということもあり、ジェルネイルに限った話ではありませんが、アレルギーや中毒症状を起こす危険性が少なからずともある、薬品を扱っているという自覚があったほうが良いでしょう。

アレルギー体質の方が、セルフでジェルネイルを始めるときは、成分なども注意してジェルを購入することをおすすめします。

★ジェルネイルのオフ

ネイルのトラブルで最も多いのが、爪が脆くなってしまうということ。

爪が薄くなりすぎてひどい場合、水仕事でしみたり、炎症を起こしてしまう恐れがあるので、ジェルネイルのオフには細心の注意が必要です。

雑にジェルネイルをオフしてしまうことが1番いけないので、無理やり剥がすことは絶対にNGです。

ジェルネイルのオフは面倒がらずに正しい方法で行いましょう!

ジェルネイルの正しいオフの方法はこちらをご覧ください。

★サンディングのし過ぎに注意

ジェルネイルをする前のプレパレーションのときに行う【サンディング】

最近ではサンディングが不要なジェルも出ていますが、通常のジェルネイルはサンディングはリフトを防ぐために必要な工程です。

ただ、サンディングをし過ぎることで、爪が薄くなってしまうことがあるのです。

そのため、サンディングはやり過ぎないようにしましょう。サンディングは爪の表面の艶がなくなる程度で良いので、削りすぎには注意が必要です。

★ジェルネイルの付け替え頻度

セルフでジェルネイルを初めてすぐのときは、技術不足により長持ちしない場合があります。

ジェルがすぐ取れてボロボロのまま、またすぐにネイルを付け、また取れての繰り返しをしてしまうと爪が薄くなってしまうのです。

ボロボロの爪にジェルネイルをしても持ちも悪く、悪循環になるので、すぐ取れてしまった場合は、最低でも1週間~3週間ほど爪を休ませる事も重要です。

★UVライトの影響

最近ではLEDライトが主流になってきていますが、UVライトは費用も安いため現在でも多くの人がUVライトを使用していると思います。

ただ、UVは女性の大敵である紫外線なので、日焼けサロンのマシンのように紫外線を当てる行為と同じで、繰り返ししていたら手が黒くなってきたという声も聞きます。

LEDライトは日焼けする心配はありませんが、目に有害といわれているブルーライトを強力に放っています。そのため、できるだけライトを見ないようにしましょう。

★ジェルネイルを始める時の基本の注意点

・ジェルネイルキットを購入した場合、同封されている説明書を読み正しく使いましょう。

・オフが面倒だからと放置せず、無理矢理剥がさずに、正しくオフを行いましょう。

・爪や手がおかしいと思ったら、大丈夫だと自分で判断はしないでください。少しでも異変に感じたら病院へ行きましょう。

ネイルケア用品をお求めなら、シャイニージェル公式ショップをご利用下さい。

シャイニージェル

まとめ

今回は、セルフでジェルネイルを行うときの注意するポイントを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ジェルネイルを始めるのは簡単にできますが、注意しなくてはいけないポイントがいくつかあるのです。

ジェルネイルキットを購入したら、同封されている説明書に必ず目を通し説明書にしたがって始めるとよいでしょう。

ジェルネイルを楽しむために、上記に記載した注意点を抑えて、安全にジェルネイルを楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA