美容師が答える、美容室でするトリートメントの効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容室にいってカラーやパーマをすると、必ずトリートメントはどうしますかと聞かれると思います。

お客様側からすると、「めんどくさいなー」とか「断りにくいなー」と思っている方も多いと思います。

美容師側もお客様の髪の毛の状態を考えながら話す時と、スタイリストや上司に言われて仕方なく言っている人もいるのが現実です。

本当に美容室のトリートメントには効果があるのか?値段ごとにどんな違いがあるのか?などお客様側からすると疑問点も多いと思います。

そこでこの記事では、美容師が本音で美容室で行なっているトリートメントについて正直にお話ししていきます。

美容室のトリートメントの特徴

美容室で行うトリートメント

美容室で使用するトリートメントは、システムトリートメントと呼ばれるものになります。

メーカーや目的によって変わってきますが、基本的には、

1つ目でコルテックス(髪の毛の芯)

2つ目でCMC(油分と水分の通り道)

3つ目でキューティクル(髪の毛の1番外側)

と言った順番でケアをしていきます。

修復したい目的の場所専用の栄養だけを配合したトリートメントを1つずつ浸透させていっていると表現するとわかりやすいかもしれません。

それぞれが別々に作られているため、家で使用するトリートメントよりも工数が多くなるのです。

家で使うトリートメントとの違い

家で使うトリートメントとの違いはそれぞれ効果が異なるトリートメントを何種類か使うのか、1つで終わるかの違いしかありません。

ただし、家庭用のトリートメントにはそれぞれをケアするための成分が入っているため、システムトリートメントよりも髪の毛への栄養が入っている量が大きく劣ります。

これは、毎日システムトリートメントを使用してしまうと、髪の毛が吸収しきれなくなった栄養が髪の毛残ってベタベタになってしまうという理由もあってこのような設計になっています。

一度で髪の毛に大量の栄養を送り込むために作られているのがシステムトリートメント、家で毎日使うことを考えて作られているのが家庭用(インバス)トリートメントだと思ってください。

美容室でするトリートメントって実際に効果はあるのか?

美容室でするトリートメントの効果

では実際に数千円ほど払ってするほどの価値が美容室でするトリートメントにどれほどの効果があるのかですが、ぶっちゃけてしまうと、「安いものはほとんど効果がなく、高すぎるものもそれほど値段に見合うほど圧倒的に高い効果を持っていませんが、3000円〜5000円ほどのものはそこそこオススメできる」というのが私自身が美容師として様々なシステムトリートメントを使ってきた上での本音になります。

安いものは本当に髪の毛の表面に強いコーティングをして手触りを擬似的によく見せるだけのものがほとんどです。

そのため、表面のコーティングが剥がれ落ちてしまうと元の傷んだ髪の毛が出てくるだけなので、お客様が2〜3ヶ月後に来店された際には前回と変わらないか、もっと傷んだ状態の髪の毛になっていることがほとんどでした。

次に高いものは、ヘアアイロンを使ったり、スチームを使ったりと見た目の演出はすごいのですが、一般的な価格帯のトリートメントと比べて劇的に効果が違うといったことはなく、これで普段の2倍ほどの料金をいただくのは納得できないと思っています。

3000円〜5000円ほどの一般的なトリートメントにはやはり効果があり、ダメージに対してしっかりと補修ができます。

カラーやパーマの後は髪の毛をアルカリ性に偏っており、どうしても1週間ほどは不安定な状態が続いてしまうので、サロントリートメントでしっかりとケアしておくのは、後々のダメージ蓄積量を考えてオススメできる施術と言えます。

※ただ、髪の毛は死滅細胞であるため、一定のラインを超えて傷んだ髪の毛には全く効果がないので、その場合は切るしか無くなりますが・・・

美容師目線でのトリートメントに対する本音

「美容室でトリートメントをするべきか、家使うトリートメントにお金をかけるべきか、どちらの方がいいですか?」と言った質問をもらうことが多いのですが、私の場合は家で使うシャンプーやトリートメントをいいものにする方を勧めるようにしています。

毎回美容室でいいトリートメントを使っていても、家では洗浄力が強すぎるシャンプーを使ってしまうとカラーやパーマの持ちは悪くなりますし、システムトリートメントで入れた栄養まで流出させてしまうので、毎回数千円を無駄にしてしまっているのと同じだと思っています。

それであれば、家で毎日使うものにお金を使う方が何倍も髪の毛にとっていいのでは、と考えています。

利益率が全然違ってくるので、美容室の経営者側からすると美容院でのトリートメントを勧めろと指示すると思いますが・・・

まとめ

美容院で行うトリートメントの特徴についてはお分かりいただけたでしょうか?

正直に話すと、美容院でのトリートメントはしっかりとホームケアにも力を入れている人がプラスアルファでやるのでなければ全く意味がない、気休め程度にしかならないと思います。

ただ、綺麗な髪の毛を手に入れるための効果は確かにあるものなので、うまく活用していただくのがベストでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA