ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しくシャンプーを変えてみようと思った時に、「ボタニカルシャンプー」や「オーガニックシャンプー」といった植物などの天然由来の成分を使用したシャンプーを見かけることが多いと思います。

なんだか最近流行っているから、よくわからないけれど使ってみようと思って購入してみたけれども何がいいのかわかっていない人も多く、お客様から何が違うのかを聞かれることがよくあります。

そこでこの記事では、「ボタニカルシャンプー」と「オーガニックシャンプー」の違いについての説明と、これらのシャンプーを使用するメリットとデメリットについて、美容師からの目線で詳しく説明していきます。

おしゃれなシャンプーを使いながら、サラサラの髪の毛をキープしたい人はぜひこの記事でボタニカルとオーガニックの違いについて正しく理解してください。

ボタニカルとオーガニック

ボタニカルとオーガニック

「ボタニカルシャンプー」と「オーガニックシャンプー」のパッケージデザインを見ると、植物を使用したデザインをしているものが多いため、なんとなく植物や天然成分を使用したシャンプーと言うことまではご存知の方も多いと思います。

しかし、どちらにも植物由来の成分が使用されているのに、「ボタニカル」と「オーガニック」で使い分けている理由までご存知の方は少ないのではないでしょうか。

そこでまずは、「ボタニカル」と「オーガニック」の違いについて説明していきましょう。

ボタニカルシャンプーの特徴とは

ボタニカルとは、植物由来の成分を使用していることを意味します。

シャンプーだけでなく、スキンケアや服の柄として流行っているため、ファッションに興味がある人であればなんとなく意味を知っている人も多いと思います。

ボタニカル=植物と言う意味になるため、植物由来の成分を使用しているシャンプーは全て「ボタニカルシャンプー」ということが出来ます。

ただし、世の中位存在するシャンプーのほとんどは何かしらの植物由来成分を使用しているため、現在日本で販売されているシャンプーのほとんどは「ボタニカルシャンプー」になってしまいます。

オーガニックシャンプーの特徴とは

オーガニックとは、植物の中でも化学肥料などを使用せず、自然の力だけで育てた植物という意味になります。

わかりやすくいうと、無農薬野菜を配合しているシャンプーになります。

天然成分を多く使用していることからオイル系など髪の毛の外側を保護するのに向いているシャンプーが多くなります。

天然成分を多く使用しているため、髪の毛の内部にまで浸透する力は弱く(分子量が大きくなるため)髪の毛のツヤを出したい人や、くせや毛量によりボリュームが出すぎてしまうのを抑えるのに非常に使いやすいのがオーガニックシャンプーの特徴です。

オーガニック業界の抱える闇

最近はオーガニックブームにより様々なオーガニック製品が販売されていますが、日本のオーガニックコスメの基準は何か1種類でもオーガニック成分が入っていれば「オーガニック」として販売が可能になっています。

さらに高級オーガニックコスメブランドで百貨店などでよく見かける「ジョンマスター」ですら100%天然成分を使用しているとアピールしながらも、成分表記を偽って天然成分だけを表記し、化学成分、石油由来成分を使用していることを隠していたことが判明し、自主回収だけ行い、取材を拒否し消費者への説明責任を果たさないといった事件も2017年に起こってしまいました。

残念ながら現在のオーガニック業界は、世界的に有名なブランドであっても信用できないような状態になってしまっています。

成分で使用する植物や野菜を育てるのに、農薬を使用しない分コストがかかってしまい、オーガニックの商品は必ず高級化粧品になるのですが、偽って安い成分を使用しながら高級化粧品として販売してしまうメーカーが多数存在してしまうので、消費者が独自で見極めるしかないという他の業界では考えられないような状況です。

ボタニカルシャンプーのメリットとデメリット

ボタニカ成分

ボタニカルシャンプーの最大のメリットは、自分の髪の毛に合わせて様々なシャンプーを選ぶことができることでしょう。

内部補修は化学成分、外部の補修やコーティング、香りに天然成分という組み合わせでしか、髪の毛を補修できるボタニカルシャンプーは作ることができません。

そのため、それぞれのメーカーによってボタニカルシャンプーは特徴が大きく異なるのです。

ただし、このメリットは同時にデメリットにもなってしまい、選択肢が多すぎる上にそれぞれ特徴が大きく異なるので髪の毛に合わないものを選んでしまうリスクも高くなってきます。

そのため、「ボタニカルシャンプーって天然成分を使っているのだから髪にいいだろう」と軽い気持ちで買ってしまうのは危険です。

髪の毛が細い人が、天然成分のオイルが重すぎてボタニカルシャンプーに変えたら髪の毛がベタベタになってしまったという相談は美容室でも非常に多いです。

ボタニカルシャンプーを選ぶときは、ボタニカル成分と他の成分の特徴までしっかりと見てから購入を決めることをおすすめします。

オーガニックシャンプーのメリットとデメリット

オーガニックシャンプーのメリットは、使用されている天然成分の質が高いことになります。

そのため、他の天然成分よりかはアレルギーのリスクが低くなったり、香りに特徴が出ることが最大のメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、オーガニック成分の割合が多いほど髪の毛の内部への効果が薄くなっていくことでしょう。

ヘアカラーやパーマをした髪の毛は、髪の毛の内部にあるコルテックスやCMCといった部分が傷んでしまいます。

しかし天然成分は、成分自体が大きいので髪の中まで入っていけないといった根本的な問題が発生してしまいます。

そのため、もともと髪の毛のダメージが少ない人はいいシャンプーだと感じるのですが、カラーやパーマをしている人はオーガニックシャンプーを使用すると髪の毛がギシギシになってしまうという悩みが発生してしまうのです。

まとめ

ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違い、それぞれのメリットとデメリットについてはご理解いただけたでしょうか。

普段からカラーやパーマをしている人にはオーガニックシャンプーは向いていないことは、一般の方々が持っているイメージからすると意外かもしれませんね。

それぞれの特徴を理解した上で、どちらのシャンプーを使用するか決めるようにしましょう。

また、この記事を見て天然成分と化学成分のメリットやデメリットについてより詳しく知りたいとなった方は、天然成分と化学成分の詳細について商品の開発者側からの視点で記事を準備しておりますので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA