【グリーンネイルと爪の水虫】爪のトラブルにならない為に大事なネイルケアとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分の爪の色や形で気になる人が多くいると思います。ネイルトラブルには病気のサインだったり、治療が必要な場合があったり、ネイルケアにも気をつけなければならない場合があるのです。

常にネイルをしている方は、ネイルをオフした際にチェックしてみてください。

今回、爪のトラブルでお悩みの方のために、爪の病気とそのケア方法など、爪を美しく保つのに必要な知識を紹介していきます。爪のトラブルでネイルが楽しめなくなる前に、是非チェックしておきましょう。

爪に出る病気のサインとは

爪に出る病気のサイン

まず、爪の病気について紹介します。ネイルのトラブルはただの爪の異常ではなく、病気が原因で爪の変色、変形をする場合があります。

そのままネイルケアをしても大丈夫な場合と、怖い病気が隠れている可能性もあるので、爪が教えてくれるサインを見逃さないために、形や色別での病気の可能性を紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

【爪の色が赤っぽい場合

爪が垢っぽくなる場合は、心疾患や赤血球の異常、多血症などの病気の可能性があります。

【爪の色が紫っぽい場合】

爪が紫っぽい色になるときは、貧血などの症状で血行が悪くなっている場合に爪や肌が紫のような色に見える場合があるので、ずっと続く場合は一度病院へ行きましょう。

【爪の色が黒っぽい場合】

爪が黒っぽくなる場合は感染症や悪性黒色腫などの病気が隠れている恐れがありますが、心配のないほくろや出血が原因で黒っぽくなる事もありますので、身体に異変がある場合はすぐに病院へ行きましょう。

【爪の色が白っぽい場合】

爪が白っぽくなる場合は爪の水虫の可能性多いのです。他の皮膚疾患、貧血、糖尿病、肝硬変、肝臓病などの病気が隠れている場合があるので、心配な人は病院へ行きましょう。

【爪に横の筋が入る場合】

爪の横に筋が入っている場合は、大きな病気をした後や、栄養不良の際に出ることが多いです。また、炎症や植物的な刺激が原因で爪に横の筋が入ることもあるようです。

【爪が反り返る場合】

反り返る爪を「スプーンネイル」とも呼ばれており、真ん中がへこんでおり、甲状腺異常や貧血などの病気の可能性があります。また、爪に負荷のかかる職業の場合にも生じることがあります。

爪の色や形によって恐ろしい病気が隠れていることもあるので、身体に起こる症状と合わせて爪の色も確認してみると良いでしょう。

グリーンネイルと爪水虫

グリーンネイルと爪水虫

では次に、ネイルを頻繁にする人に多い爪のトラブルである【グリーンネイル】と【爪水虫】についてお話します。

【グリーンネイル】

グリーンネイルとは〔緑膿菌〕という菌が、付け爪と自爪の間に入り込み繁殖していくのがグリーンネイルですが、緑色に変色するため、爪カビとも言われていますが、実際のところはカビではありません。

緑膿菌は常在菌というどこにでもいる菌の一種で、約37度の湿気のある場所で繁殖しやすいため、ジェルネイルと自爪の間で菌が繁殖し、グリーンネイルとなるのです。グリーンネイルが発症しやすい原因は、〔プレパレーションを行わずジェルなどの施術をしてしまう〕〔ジェルなどの付け爪が浮いてきても放置してしまう〕〔指先を良く使う仕事の人〕〔手汗をよくかく体質〕の4つが挙げられます。

〔プレパレーションを行わずジェルなどの施術をしてしまう〕

ジェルの密着をよくする下処理のプレパレーションという工程を怠ることにより、ジェルの浮き、菌の繁殖の原因となりグリーンネイルになる可能性が高くなります。

セルフネイルを行う人は、密着させるためだけではなく、衛生面でも消毒などの下準備は重要な工程なので、プレパレーション不要のジェルでない限りは、必ず行うことをおすすめします。

〔ジェルなどの付け爪が浮いてきても放置してしまう〕

ジェルが浮いてしまってきた場合、少しだからと軽い気持ちで放置するときはありませんか?多少の浮きだからといって放置しないでください。

少し浮いただけでも、菌が隙間から侵入します。手を洗った時など、浮いた部分は乾かしづらいため、その湿気で緑膿菌が繁殖してしまうのです。

ジェルの付け替え時期には浮きやすくなたっりするので、持ちがいいからと放置せず、付け替え忘れずすることをおすすめします。

〔指先を良く使う仕事の人〕

グリーンネイルになりやすい職種は、パソコンのキーボードを叩く事務職の仕事をされている方が多くいます。パソコンのキーボードを叩くのは、意外にも爪に強い衝撃を与えているのです。毎日繰繰り返すことで、浮きやすくなる可能性があるので、こまめに気にして、浮いてしまう前に早めの付け替えをおすすめします。

【爪水虫】

爪水虫は、実は多くの人がかかっているもので、日本人では10人に1人罹っているとも言われている病気です。

爪水虫は、水虫の原因である真菌と言われている白癬菌が爪にも感染して起こっているのです。

水虫は男性が罹るイメージが強いですが、実は最近では女性も多く感染しており、ブーツなどを履くのファッションが多くなっていることが原因のひとつ手して挙げられています。初期段階では自覚症状が殆どなく、放置してしまいがちで、気付けば爪にまで感染が及んでいたというケースが多く見受けられています。

もちろん水虫なので、他の人にうつる可能性もありますし、手の爪に感染する恐れもあるため、爪水虫になってしまったらネイルサロンでは施術を断られてしまうので、早期発見で早めの治療をおすすめします。

症状で言うと〔初期〕〔中期〕〔末期〕に分かれており、末期の場合だと爪の周りに炎症が怒ることもあるので注意が必要です。

〔初期〕

初期の場合は、爪が厚くにごってきます。

爪に厚みが出て、艶がなくなり、潤いを感じられない状態ですと爪水虫に罹ってしまっている可能性があります。この初期の段階でも治療に数ヶ月を必要とすることもあります。

〔中期〕

中期の場合は爪が白く変色してきます。この段階までくると白癬菌が爪の内部まで増殖している証拠です。

〔末期〕

末期になってしまうと爪がもうボロボロになってしまい、筋ができ、爪も変形してしまいます。

末期になった場合、皮膚科にいったら爪を剥がさなければならない状況まで陥っているので、末期になる前に適切な処置をすることをおすすめします。

 

爪の水虫は発見が判りづらく難しい上に、治りにくく、たくさんの人が罹っているにもかかわらず、気付かないために、悪化してからようやく気付くことが多いのが特徴です。

菌の繁殖を抑えながら爪が生え変わるまで待たなくてはならないため、そのため適切な処置を行わなければなりません。

そこで、次に爪のトラブルの改善方法を紹介しますので、是非参考にしてください。

爪のトラブルの改善方法

ネイルトラブルの改善方法

グリーンネイルも重度になると、爪甲剥離症など他の爪の病気になる可能性がありますし、爪水虫も末期になると爪を剥がさなければならないほど深刻になる可能性があるため、双方適切な処置を行いましょう。

グリーンネイルの対処&治療法

グリーンネイルは他の人にうつることはありませんが、グリーンネイルになった場合、すぐに中止し、ジェルネイルやマニキュアなどは、しばらくお休みしてください。

清潔にし、乾燥を心がけていれば自然に緑膿菌もいなくなってくれるので、大体2週間から3週間は何もせず、緑の部分がのびてくるまでネイルは我慢しましょう。

軽度の場合、細心の注意をはらえば、自分でファイルで削り対処することが可能です。

ただ、グリーンネイルが中度まで進行してしまった場合、ファイルで完全に削ることは難しく、削りすぎのないよう無理のないところまで削ったら、充分に消毒をしてください。経過を見ながら2週間~3週間爪を休ませましょう。

重度まで進行してしまった場合は、自分での処置は不可能です。ジェルネイルを綺麗にオフしたら皮膚科を受信することをおすすめします。

治療は基本的に外用薬の塗り薬を処方されます。重度の場合、完治まで2ヶ月から遅くて1年ほどかかる場合があるので、正しく薬を使い治療に努めましょう。

爪水虫の治療法

爪水虫は痛みなどはありませんが、家族にうつしてしまう恐れがあるので早くに治療するに越しません。上記でも記載しましたが、爪水虫になると治療にはかなりの時間がかかってしまうので、早めに治療しましょう。

爪水虫の治療には主に【内服薬】【外用薬】があり、その適切な治療法を紹介します。

爪水虫【内服薬による治療】

内服薬の治療は、菌の繁殖を抑えことのできる薬を服用する治療法になります。

よく治療に使われているのが、〔ラミシール〕〔イトリゾール〕という薬が効果が高いといわれています。

塗り薬とは違い、患部に薬がとどまり、高い殺菌作用が期待できるのです。

ただ、内服薬にはかなり強力なので、肝臓にも負担をかけてしまうデメリットがあります。

病院で定期的に血液検査を受けるなどの治療をすることになる可能性もあるので、注意が必要です。

また、通常半年以上かかるといわれている爪水虫の治療を、早ければ3ヶ月で終えることが可能とされる〔パルス治療法〕という治療法も行われていますので、気になる人は一度病院で確認しましょう。

爪水虫【外用薬による治療】

水虫の塗り薬はCMでも宣伝されているので、ご存知の人も多くいると思いすが、一般的な水虫の塗り薬は爪水虫には効果がないのです。

爪にうつった菌は爪の奥深くで繁殖するので表面にいくら薬を塗っても意味がないのです。

そのため1番効果があるものは爪専用の外用薬を使用しましょう。爪専用の外用薬は爪に浸透しやすいようになっているので、効果が出やすいのです。

外用薬でおすすめな、爪水虫に効果の高いと言われている〔クリアネイルショット〕という塗り薬が有効でしょう。

外用薬を使用する際には爪の表面をファイルで少し削ってから薬を塗ることで、効果が高まるといわれています。ただ、削った爪の粉にも菌はいるので、衛生面には細心の注意をはらいましょう。

【その他の治療】

そのほかの治療には、レーザーで菌を菌を抑える〔レーザーリネイル〕という特殊な光を当て菌の繁殖を抑え、爪の外に菌を追い出す治療法があります。

麻酔などの必要がなく、多少の熱が感じる程度で、安全性がかなり高いので注目されている方法です。

副作用も殆どないといわれているので、これから広まっていくことが期待できます。

自宅でグリーンネイルや爪水虫の治療・改善するなら【クリアネイルショット】

グリーンネイルや爪水虫の症状のような〔にごり爪〕〔くずれ爪〕〔がさつき爪〕〔変色爪〕を病院へ行かず手軽に自宅で治療、改善したいと思う方にぴったりの爪用浸透保湿ジェル【クリアネイルショット】は、塗り薬の欠点だった浸透力が弱いというデメリットを独自の製法で高めた治療薬になっています。

使用方法はとても簡単で入浴後に爪とその周りに塗るだけですので、水虫であることを気付かれることなく治療することが可能です。

爪を清潔に爪の悩みに働きかける成分〔竹酢液〕〔チモール〕〔ヒノキチオール〕〔ウンデシレン酸〕〔ティーツリー葉油〕〔レモンティーツリー〕。

爪のコンディションを整え、健康的に爪を育む〔ポリアミン〕。

爪の保護・保湿をし浸透を促してくれる〔植物性のスクワラン〕〔アボカドオイル〕が主な成分として使用されています。

クリアネイルショットは、植物由来成分が多く含まれているため、アレルギーがある人は事前に成分をお確かめの上使用してください。

その他のおすすめ【ティーツリーオイル】

ティーツリーオイルとはハーブの一種で主に殺菌作用があることで知られています。オーストラリアでは、伝統オイルとして伝わっており、原産国であるオーストラリアや欧米の家庭では救急セットとして活用されています。

ティーツリーオイルは、ニキビや水虫、虫刺され、すり傷、鼻炎や鼻づまり、風予防、消臭効果など、様々な効能があります。そのほかにも虫除け効果や、アロマポットにも癒し効果として使用ができたり、洗濯や掃除にも使用されており、本当に万能なオイルなのです。

主な効果は、〔殺菌〕〔抗菌〕〔免疫活性作用〕〔抗ウイルス作用〕〔抗感染作用〕〔感染症予防〕〔症状の緩和〕〔リラックス効果〕が挙げられます。

水虫や切り傷、ニキビなどには、めん棒などで直接原液を幹部に塗ると効果的なので、是非お試しください。

ただティーツリーの原液はとても成分が強いため使用には注意が必要で、妊娠中や授乳中の方、12歳未満のお子様はご使用前に一度医師に相談してから使用することをおすすめします。目や口、耳などの粘膜には使用しないでください。

正しい使い方で使用すれば、水虫にも効果的といわれているので、気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか。

オーストラリア産 ティーツリーオイル 100%ピュア 50ml x 2本セット 【海外直送品】

ネイルケアの大切さ

ネイルケアの大切さ

爪のトラブルを起こさないために、ネイルケアは必要不可欠です。

女性の方なら、日ごろからお肌のお手入れは欠かさずやっているひとが多いのではないでしょうか。

ネイルケアは、化粧水、乳液など塗って、肌のスキンケアで保湿し、カサカサ肌を改善、もしくはそうならないようにするのと一緒で、爪の健康を維持し、育成する役割があるのです。

爪は肌と同じ角質で、自らで修復することが出来ません。そのため繰り返し爪のトラブルを起こしやすくなるのです。ネイルケアを怠らず、身だしなみとして爪を綺麗にするために、ネイルケアを行うことで、グリーンネイルや爪水虫などの爪のトラブルの予防にもなります。そんな爪のトラブルになる前におすすめの美容液がいくつかあるので、参考にしてください。

佐藤製薬が作った安心の品質【ネイルリペアセラム


ネイルリペアセラム

ネイルリペアセラムは、甘皮と皮膚に潤いを与え、凹凸なく滑らかで美しく健康の爪を作ってくれる、佐藤製薬が作った爪の美容液です。

浸透保湿力、水分保持力、光沢、滑らかな表面になると言う特徴があり、ジェルやマニキュアをしていても上から塗ることが出来るので、おしゃれをしながらケアが出来るので、おしゃれを楽しみながら、トラブルを事前に防ぐのにぴったりです。

爪が薄く、割れやすい人におすすめです。
佐藤製薬ネイルリペアセラムの公式サイトへ

ダメージを受けた爪をうるおい成分でコーティング【足爪の休日

ネイルケア、足爪の休日
足爪の休日は、ネイルトラブルで最も多い足の爪専用の美容液ネイルです。こちらは、ダメージが酷く隠したい人、乾燥してしまっている人におすすめの保湿、保護効果の高い美容成分が150%も配合されているので、傷んだ爪を隠しながらネイルも楽しめます。

カラーもレッド、ピンクの2色で展開しており、オフの際は除光液を使わず、お湯かアルコールで簡単にオフすることが出来ます。速乾性なので、出かける前などにも、さっと塗れるのが特徴です。

フットネイルはあまりしないけど、爪がボロボロだから隠したいけどケアもしたい人におすすめです。

足爪の休日公式サイトへ

内側からネイルケアが出来るネイルサプリ【Nailly(ネイリー)

ネイルケアサプリ、ネイリー
Nailly(ネイリー)は細部からおしゃれを楽しみたい人におすすめのネイルケアサプリです。安全性だけでなく、効果も考えた植物性を採用しており、トラブルの根本を解決する〔シリカ(ケイ素)〕を植物由来で配合しました。

そのほかにも必要な美容成分を9つも贅沢に配合しており、ネイリストの意見を取り入れ、薬剤師の監修の元作ったNailly(ネイリー)は、無添加の自然派寝るケアサプリメントです。

Nailly(ネイリー)の公式サイトへ

まとめ

いかがでしたか?爪のトラブルに多い、爪水虫やグリーンネイルの対処法や改善方法、爪のトラブルでお悩みの方へ、大事なネイルケアについてを紹介してきました。爪水虫やグリーンネイルは予防することが出来ますし、もしなってしまった場合でも治療に取り組めば美しい爪を取り戻すことが出来ます。

様々なお悩みで、爪が綺麗になることを諦めてしまった方も、ボロボロになってしまっ爪がコンプレックスの人も、諦めなければ必ず綺麗な爪を取り戻すことも出来ますし、オシャレなネイルを楽しむことが出来るのです。爪が綺麗だと気分も上がったり、オシャレを楽しむことが出来るので、毎日の肌のスキンケアと同様、ネイルケアも寝る前やふと気付いたときに是非行ってみてください。

上記で紹介したネイルケアの用品は、それぞれ入っている成分や、自身の症状にあわせて必要な物が異なると思うので、是非参考までにご覧ください。

ネイルトラブルでお悩みの方に、少しでもお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA