美容師がおすすめする最新シャンプーランキングまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

市販のシャンプーは髪の毛に良くないという情報が一般的にも知られるようになってきましたが、美容室で売っているシャンプーや高級なシャンプーなども多くの種類があり、自分の髪の毛にあったシャンプーを探そうと思っても情報が多すぎて、何を信用すればいいのかわからないですよね。

時間をかけて口コミをしっかり調べて購入したのに自分の髪の毛には合わず、髪の毛がキシキシになってしまったり、良くないと周りが言っていたのに自分の髪の毛にはピッタリだったというケースも多く、自分の髪質を理解した上でシャンプーを選ばなければ、良いシャンプーに出会うことはできません。

そこで本記事では、髪質や悩みに合わせて、最適な結果を出すことができるシャンプーをそれぞれ美容師目線で厳選し、紹介していきます。

本当に良いシャンプーにみなさんが出会えるよう、それぞれのシャンプーの特徴についても詳しく解説していきますので、ぜひシャンプー選びの参考にしてください。

美容師がシャンプーを選ぶときの基準

アミノ酸系の洗浄成分を使っているシャンプーを選ぶ

シャンプーの洗浄成分

シャンプーの中で最も多く含まれている成分が水、その次に最も多く含まれているのが洗浄成分になります。

この洗浄成分に何が使用されているのかによって、シャンプーの性質がほとんど決まってしまうと言っても過言ではありません。

洗浄成分の中でも、最も髪の毛と頭皮に優しいのがアミノ酸系の洗浄成分になります。

自分が使っているシャンプーにアミノ酸系の洗浄成分が含まれているのかを確認するには、シャンプーの裏に必ず記載されている全成分表記を見れば簡単にできます。

  • ココイルグルタミン酸〜
  • ラウロイルグルタミン酸〜
  • ラウロイルメチルアラニン〜
  • ココイルグリシン〜

これらの洗浄成分が水の次やその次あたりに記載されていれば、そのシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーだと見分けることができます。

髪や頭皮に悪い洗浄成分

髪の毛が傷んでしまうシャンプーやヘアカラーの色落ちが早くなってしまうシャンプーには高級アルコール系という洗浄成分が使われています。

ネットなどで調べてご存知の方も多いかもしれませんが、

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

これらの成分が水の次にきているようなシャンプーは、髪の毛や頭皮のことを考えると控えておいたほうが良いでしょう。

泡立ちが非常によく、洗浄力が非常に強い特徴を持つため雑な人でも使いやすいのですが、髪の毛や頭皮を傷つけるほどの洗浄力があります。

髪の毛や頭皮に良いシャンプーを探すにあたって、これらの洗浄成分が含まれるものは、真っ先に選択肢から外すべきでしょう。

髪質や悩みに効果的な成分が配合されているシャンプーを選ぶ

髪質と悩みに合わせた成分を選ぶ

洗浄成分は全ての髪質と悩みに共通して、アミノ酸系のものがおすすめできるのですが、コンディショニング成分や補修成分は髪質や悩みによって最適なものが大きく異なります。

ちなみに、口コミやネットの情報を買ったのに、自分の髪の毛には合わなかったというケースは、このコンディショニング成分や補修成分が髪の毛に合わなかったことが原因になっていることがほとんどです。

それぞれの髪質や悩みに効果的な成分を紹介していくので、この中から自分の髪質と悩み似合うものを見つけてください。

1、髪の毛が傷んでパサつく

髪の毛が傷んでパサつくのは、髪の毛の内部にある水分や油分を蓄えるCMCという部分が破壊されてしまい、水分と油分を髪の毛から流出してしまうことによって起こります。

この悩みに対して効果的な成分は「ペリセア」や「CMC」になります。

ペリセアは髪の毛に素早く浸透し、髪の毛の内部からはダメージ部分の修復と水分量を健康な状態へと戻し、髪の毛の表面はコーティングをして水分の蒸発や外部からのダメージを防いでくれます。

CMCは先ほど説明した通り、元々髪の毛内部にある水分と油分をつかさどる部分になります。

最近はこのCMCをシャンプーやトリートメントなどから髪の毛の内部へと補充することが可能になっています。

2、髪の毛が細く絡まる

髪の毛が絡まってしまう原因は、髪の毛の表面にあるキューティクルが毛羽立ってしまい、毛羽立った部分が引っかかってしまうことにより発生しています。

つまり、髪の毛の表面をコーティングしたり、剥がれてしまったキューティクルを補修してあげる必要があります。

表面をコーティングしたり、キューティクルを補修するのに効果的な成分は「キトサン」や「18-MEA」になります。

キトサンはキューティクルの変わりに髪の毛の表面に、メッシュ状に貼り付きコーティングしてくれます。

髪の毛へのなじみが良く、手触りを良くしてくれるだけでなく保水力にも優れるため、サラサラで潤いのある髪の毛へと導くことができます。

次に18-MEAはもともとキューティクルの表面にあり、髪の毛のツヤを出してくれている部分です。

この18-MEAはヘアカラーやパーマを1回するだけで失われてしまうほど弱いため、シャンプーなどのヘアケア剤で補充してあげる必要があるのです。

3、ヘアカラーの色落ちが早い

ヘアカラーの色落ちには洗浄成分の力による部分もかなり大きいのですが、髪の毛が染まる部分がダメージによって少なくなってしまっていることも原因になります。

髪の毛が染まる部分は、髪の毛の中にあるコルテックスという部分で、海苔巻きのコメの部分と同じような位置にあります。

このコルテックスは、体と同じくタンパク質によってできています。

そのため、アミノ酸系の洗浄成分やPPT(ポリポリペプチド)など、タンパク質を更に細かく分解した成分を髪の毛の内部に補充してあげ、髪の毛が染まる部分を健康な時と同じ状態にまで戻してあげることが効果的です。

4、髪の毛にボリュームがない

髪の毛にボリュームが出にくいのは、髪の毛がもともと細いことが原因になります。

髪の毛の太さは生まれつき決まっているため、それを太くすることは不可能です。

そのため、こちらもアミノ酸やPPT系の成分で髪の毛を補強することが最も効果的です。

ダメージを受けた髪の毛であれば、細い髪の毛のなかに穴ができてしまい、より脆い状態になってしまうためボリュームが出にくくなってしまいます。

その穴を埋めるためにも、髪の毛と同じ成分であるアミノ酸やPPTは欠かすことができない成分になるのです。

5、髪の毛が太くボリュームがでてしまう

髪の毛が太く、必要以上にボリュームが出てしまう場合は、重さによってそれらのボリュームを抑えてあげる必要があります。

中でも効果的なのは、天然成分のオイルです。

オイルは髪の毛の表面をコーティングし、髪の毛1本1本を重くすることが出来るため、ボリュームダウンを実現することが出来るのです。

ただ、製品によってオイルの配合量が異なるので、髪の毛のボリュームを抑えられる力も変わってきます。

自分の髪の毛の太さにあったシャンプーを使わなければ、髪の毛がベタベタになってしまうこともあるので、注意が必要です。

6、頭皮が荒れたり、フケが多い

頭皮の状態が悪化してしまうと、炎症が起きてしまったり、フケが発生したりと様々なトラブルが発生してしまいます。

状態の悪い頭皮からは、健康的な髪の毛が生えなくなってしまいます。

炎症が起きている場合は、消炎効果のある成分、頭皮が乾燥してフケやかゆみが発生している場合は、天然オイルなどで保湿しながら、洗浄力のやさしいアミノ酸系の洗浄成分が使われているシャンプーが最適です。

7、髪の毛や頭皮の臭いが気になる

髪の毛や頭皮の臭いには、消臭効果のある炭や柿タンニンエキスなどを使ってあげることが効果的です。

香料が多く含まれているシャンプー を使用すると臭いが混じり合ってしまい、よりキツく拡散しやすい臭いになってしまうことが殆どです。

また、頭皮から臭いが発生している場合は、頭皮環境を整えないと油分が過剰に分泌されており、いくら臭いのケアをしても状況が改善されないケースが多いので、頭皮環境の改善からケアを始めた方が良いケースもあります。

美容師が選ぶおすすめのシャンプー

美容師が選ぶシャンプー

上記の1〜7の項目の中から、自分の髪の毛や頭皮の状態、悩みに当てはまるものは見つけられたでしょうか。

ここからは美容師目線でおすすめのシャンプーを紹介していきます。

どの髪質や頭皮の状態、悩みに合うのかも詳しく説明していくので、ぜひシャンプー選びの参考にしてみてください。

ただし、良いシャンプーだからといって全ての悩みに対して高い効果を発揮するわけではなく、それぞれ得意なことと、苦手なことが存在しているのは忘れないでください。

1、髪の毛と頭皮のエイジングケアならベルタシャンプー

ベルタシャンプー・トリートメント

髪の毛と頭皮も肌などと同じで老化してしまいます。

老化した頭皮からは老化した髪の毛しか生えてこなくなり、髪の毛にボリュームがなくなってしまったり、癖が強くなってしまったり、脆く切れ毛が発生しやすい髪の毛になってしまいます。

この頭皮と髪の毛の老化を防ぐためには、頭皮環境を常に整え、健康な状態に保ってあげることが重要になります。

そこでこれら頭皮や髪の毛の老化に悩んでいる方には、ボタニカル成分を使用しながらエイジングケアを施し、健康的な髪の毛を育てることに特化しているベルタシャンプーがおすすめです。

洗浄成分は髪の毛に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用しており、細くて絡まりやすい髪質の人には嬉しいサラサラとした洗い上がりのシャンプーになるため、髪の毛が細い人には特におすすめのシャンプーです。

ベルタシャンプー&トリートメントの公式サイトへ

2、豪華な成分でしっかりとダメージケアをするならラスティーク

ラスティークのシャンプー

髪の毛は傷んでしまうともともと髪の毛の内部にあったコルテックス(芯の部分)やCMC(水分と油分を保つ部分)が外へ流出してしまいパサパサになってしまいます。

この流出してしまって傷んでパサパサになってしまった髪の毛には、失われてしまった成分を髪の毛にしっかりと補ってあげることが必要になるのです。

ラスティークでは、コルテックス部分を補うためにアミノ酸系の洗浄成分やコラーゲンを使うだけでなく、加水分解ケラチンを配合していたり、CMCと同じ成分であるセラミドをしっかりと配合しています。

それに加えて美容液でも使われるリピジュアやヒアルロン酸、プラセンタなどの高い保湿力を持つ成分を配合しており、髪の毛に潤いとツヤを与えてくれます。

ラスティークのシャンプー公式サイトへ

3、頭皮ケア、エイジングケア、ヘアケアを同時にしたいならルメント炭酸シャンプー

ルメント炭酸シャンプー

頭皮ケアもエイジングケアもヘアケアもと欲張って全部をやりたいという方にオススメなのがベルタ炭酸シャンプーです。

通常の炭酸シャンプーでもおなじみの効果である、毛穴に詰まっている汚れをしっかりと落とす効果を持ちながら、アミノ酸系の洗浄成分で髪の毛に潤いを与えながら洗うことができるため、頭皮をしっかりとケアしながら髪の毛も綺麗にするという、実は両立がかなり難しいことを実現してくれます。

また、炭酸には血行促進効果があり、頭皮の血流を活性化させる効果があります。

頭皮の血流が悪化してしまうと頭皮が硬くなってしまい、毛根まで十分な栄養が届かなくなって脆く強いくせ毛のような髪の毛が生えてくるようになるのですが、炭酸で血流の悪化を予防することで若々しい髪の毛をキープすることにも繋がるのです。

ルメント炭酸シャンプーの公式ページへ

4、有名美容室との共同開発で生まれたシャンプーPink Cross(ピンククロス)

Pink Crossのシャンプー

超有名美容室であるBEAUTRIUMと共同で開発されたピンククロスは、美容師が監修したのがよくわかる特徴の成分になっており、ヘアスタイルの幅を狭めてしまう原因になる髪の毛のダメージケアに特化した作りになっています。

傷んでしまった髪の毛にシャンプーとトリートメントで別々の補修成分を使用し、これらが結びつくことで髪の毛内部にタンパク質を補充してあげることが可能です。

また、髪の毛に潤いをキープするためにヒアルロン酸に非常にこだわっており、髪の毛だけでなく頭皮にもしっかりとした潤いを与えてくれます。

PinkCrossシャンプーの公式ページへ

5、スキンケア発想のヘアケア ETVOS

ETVOSシャンプー

スキンケア発想で作られているETVOSはその肌へのアプローチ方法を元に頭皮へのケアに特化したシャンプーになります。

洗浄成分はもちろん頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用しており、植物由来成分で頭皮環境を整えるように設計されています。

髪の毛のうねりやパサつきなどの悩みに対して、頭皮環境を整えることで根本から改善していこうという考えのシャンプーになります。

代表的な成分は、

  • コンフリー葉エキス
  • レモングラス葉エキス
  • レモングラス茎エキス
  • オランダガラシ葉エキス
  • マンダリン果皮エキス

これらの植物由来成分になり、頭皮の荒れを防ぐ効果やフケやかゆみを抑える効果、髪の毛にハリコシを与える効果があります。

年齢を重ねるにつれて、髪の毛が傷んでくる原因は頭皮の老化になってくるので、40歳ごろの女性には特にオススメのシャンプーになります。

ETVOSの公式ホームページへ 

まとめ

美容師が選ぶシャンプーの基準についてと、髪や頭皮の悩みに合わせたシャンプーの選び方については理解できましたか?

毎日繰り返し行うことになるため、髪の毛の痛むスピードは使用するシャンプーによって大きく変わってきます。

なんとなくで選ばずに、しっかりと自分の髪の毛のことを考えてシャンプーを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA