美容師が教えるヘアカラーでアッシュ系が人気な理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヘアカラーで何年も人気のアッシュ系。

しかし、アッシュ系がどういう色なのかわかっているお客様は、意外と少なく、美容師とお客様の間でズレが生じてしまうことが多々あります。

また、最近ではアッシュと他の色を混ぜて作られた「~アッシュ」という色も毎年新しく登場しています。

そのため、アッシュ系の色が本来どんなものなのか、美容師やメーカーの人でなければわからないような状態になっています。

そこで本日は、アッシュ系のヘアカラーとはどんなものなのか、なぜ人気のヘアカラーなのかを解説していきます。

アッシュ系とはどういう色なのか

アッシュ系の髪色をした女性

アッシュとは、どういう色味のことを指すのか説明できますか?

髪の毛にかかわる職業についていない人でなければ、普通は無理だと思います。

カラー剤を販売しているメーカーによって違いますが、基本的には青みのある灰色です。

メーカーによっては青か灰色のどちらかに大きく寄った色になっていることもあります。

このアッシュ系のヘアカラーで髪の毛を染めることで、髪の毛がもともと持っている色味と混ざり合ってアッシュ系の髪色ができるのです。

アッシュ系のヘアカラーは髪の毛がきれいに見える

アッシュ系の髪がきれいな女性

日本でアッシュ系のヘアカラーが人気になるのには、日本人の髪の毛がもともと持っている色味に理由があります。

日本人の髪の毛(黒髪)には赤い色素が多く含まれているという特徴があります。

そのため、ヘアカラーの色味が落ちてくると髪の毛がもともと持っている赤みが出てきて、オレンジっぽくて汚い色になってしまいます。

オレンジっぽく退色してしまった髪は傷んでいるように見えやすかったり、硬くごわついているように見えてしまいます。

この赤みを抑えるために、寒色であるアッシュ系の色を使うのです。

アッシュ系の色で赤みを抑え、髪の毛を寒色にすることで、アッシュ系独特のツヤ感や透明感を演出することができます。

ただ、日本人の中でも髪の毛の赤みが強いタイプの場合はアッシュ系カラー剤の色よりも、もともとの赤みが勝ってしまい髪の毛が寒色に染まらないケースがあります。

こういった場合は、赤の補色になる緑(マット)を混ぜて、マットアッシュで染めてより強く赤みを打ち消すようにします。

外国人風のヘアカラーにはアッシュの色味が欠かせない

外国人の髪色

最近、若い女性を中心に大人気なのが外国人風のヘアカラーです。

ブリーチを使ってベースの色を明るくしたり、ハイライトを大量に入れて立体感のあるハイトーンの髪色にしたりすることで、外国人風のカラーは作られています。

ただ、この外国人風の髪色を作るためには、アッシュ系の色味が必ず必要になります。

外国人風のカラーのモデルとなっている欧米人の髪の毛は、日本人の髪の毛とは異なり赤みがあまり含まれていません。

そのため、日本人の髪の毛は赤みを消さない限り外国人風のヘアカラーにはならないのです。

アッシュ系のカラー剤を使わずに、ハイトーンにしてしまうと外国人風の透明感は演出できず、すこし個性的な濃い色味のスタイルになってしまいます。

アッシュ系のカラーは色持ちがよく、退色しにくい

アッシュ系のヘアカラー剤

アッシュなど寒色系のヘアカラーには暖色系のヘアカラーと比べて色持ちがよく、退色しにくいという特徴があります。

そのため、普段からヘアカラーの色落ちが早い人には、アッシュ系のヘアカラーは非常におススメです。

また最近では濃いブルーやグレーを使ったブルージュやグレージュといった寒色系の色を使ったヘアカラーが人気であるため、より長持ちしやすく、嫌な赤みも出にくいようにすることが可能です。

ただ、デメリットもあり、暖色に比べると発色が悪く、染まりにくいという特徴があります。

赤みが強い髪の人に普通のアッシュ系のカラー剤を塗っても、汚いオレンジにしかならないことがよくあります。

美容師であれば、そういった髪の毛にも色を混ぜたりして、簡単に対応することができますが、セルフカラーをしている人が赤みの強い髪の毛をきれいにアッシュ系の色に染めるのは非常に難しくなります。

きれいなアッシュ系のヘアカラーにするには美容院にいくこと、どうしてもセルフカラーで染めたいのであれば、マット系の色が多めに入っているものを使うようにしましょう。

まとめ

アッシュ系の色味や特徴はわかっていただけたでしょうか?

初めて行った美容室でアッシュ系の色に染めてほしいとオーダーすると、美容師にしっかりと色味を確認されることが多いと思います。

これはお客様の思っているアッシュ系の色が人によってあまりにもバラバラで、普通にアッシュ系に染めたらクレームになってしまうケースが案外多いためです。

流行っている鉄板のヘアカラーなのに、本当の色味があまり理解されていない不思議な色ですが、これを機会にアッシュ系について正しく理解をしていってください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA