辛いカサカサ肌を改善!乾燥による肌荒れの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乾燥によって肌荒れしてしまうと、肌がカサカサになってしまい少し刺激を受けただけでも痛みがでたり、粉をふいてしまったりと大変ですよね。

さらに一度カサカサになってしまうとなかなか改善されず、辛い時期が続いてしまうのもこのカサカサ肌の特徴と言えます。

そこで本日は肌がカサカサになって荒れてしまう原因とその対策について詳しく解説していきます。




肌がカサカサになってしまう原因

daeron / Pixabay

カサカサ肌になってしまう原因には肌の乾燥が大きくかかわっています。

肌表面の角質層には本来セラミドやNMFがラメラ構造という形になることによって水分と油分がバランスよく保たれており、水分を閉じ込めておいたり外部からの刺激から守られています。

しかし、様々な原因によってこのラメラ構造が崩れてしまい、保湿機能やバリア機能が失われてしまいます。

ラメラ構造が崩れてしまうと角質層がはがれてカサカサとした肌になってしまうのです。

つまりカサカサ肌は乾燥肌の症状がひどく悪化してしまった状態なのです。

乾燥肌になってしまう理由

HypnoArt / Pixabay

ラメラ構造を崩して乾燥肌になってしまう原因には体内の状態によるものと、外部から受ける影響によるものがあります。

体内の状態を悪化させて乾燥肌になってしまうのは生活習慣や食生活によるものです。

肌は生活スタイルの影響を最も強く受ける部分になるので不健康な生活を続けていると、誰でも肌の状態は悪化していきます。

外部からの影響は空気や洗顔など色々なものがありますが、どれも肌の水分や油分を奪ったり刺激を与えたりしてラメラ構造を破壊していきます。

それではこれらの原因を詳しく解説していきましょう。

すでに肌がカサカサな状態になってしまっている人は当てはまる部分があるはずです。

肌が乾燥してしまう生活習慣とは

Finmiki / Pixabay

肌を乾燥させてしまう生活習慣とは、言ってしまえば不健康な生活すべてです。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 疲労

などは特に肌と大きく関係しています。

睡眠不足は肌が新しく生まれ変わるのを阻害してしまいます。

肌は寝ているあいだにターンオーバーと言われる細胞の新陳代謝をしています。

睡眠時間が不足すると、このターンオーバーが正常に行われるための時間が足りず健康な肌が新しく作ることができません。

そのため最初からラメラ構造が崩れた状態で新しく肌が作られてしまいます。

ストレスにはコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿に重要な成分を作る働きを阻害してしまいます。

保湿成分がない肌では内部に水分を保っておくことができず、どんどん乾燥していってしまうのです。

またバリア機能や免疫力も低下してしまうので、外部からの影響も受けてしまいより乾燥しやすい状態になってしまいます。

疲労は身体の様々な場所の機能低下を引き起こします。

もちろん肌も影響を受け、ターンオーバーやバリア機能などすべての機能が低下してしまいます。

疲労がたまった状態が続くと乾燥だけでなく、様々な肌トラブルが起こってしまうので肌には健康状態が表れると昔から言われているのです。

肌の乾燥と食事の関係性

yuri9092 / Pixabay

人間の身体はすべて食事から取り入れた栄養素によって作られています。

ラメラ構造を形成しているセラミドやNMFも同じです。

つまり肌に必要な栄養素を食事から取り入れることができていなければ正常なラメラ構造をもった肌を作ることはできないのです。

しかし現代の食生活では健康な肌を作るのに必要な栄養素が不足しやすくなっています。

健康的な食生活を送らない限り、肌は常に材料不足の状態になってしまい乾燥しやすい肌しか作れないようになってしまうのです。

そのためキツい食事制限を伴うダイエットをしている時などは特に肌がボロボロになってしまい、カサカサした状態になってしまうことが多いです。

お酒で肌が乾燥する

eloisa / Pixabay

アルコールを分解するときに肝臓は非常にたくさんの水分を必要とします。

そのためアルコールが摂取されると肌などの水分は肝臓へと回されてしまいます。

お酒を飲むと水分を摂取している気持ちになりますが、実は体内の水分が失われていき肌の乾燥が進んでしまうのです。

肌を乾燥させてしまう外部からの影響

jeremykim1972 / Pixabay

外部から肌を乾燥させてしまうものはたくさん存在します。

季節性のものや自らの行動によるものなど本当に様々です。

その中でも代表的なものを紹介していきます。

外部からの影響によって肌の乾燥がひどくなってしまっている人は、原因を特定して避けることができれば改善されることが多いので、ぜひ自分にも当てはまるものがないかチェックしながらご覧ください。

間違った洗顔

StockSnap / Pixabay

洗顔は1日で顔に付着した皮脂や汚れ、女性であればメイクを落とすための大事なスキンケアなのですが、自分の肌を理解し正しい方法で取り組まなければ肌を乾燥させてしまう原因になってしまいます。

まず洗顔料を使って顔を洗った際にはラメラ構造を形成するセラミドなども失われてしまいます。

これはセラミドをはじめとした細胞間脂質も皮脂と同じ油分であるためです。

そのため自分の肌に対して洗浄力が強いものを使ってしまったり、1日に何回も洗顔をしてしまうとセラミドが失われていきラメラ構造が崩れてしまうのです。

さらに皮脂の落としすぎも肌にとってはよくありません。

皮脂は肌のバリア機能に大きく貢献してくれています。

洗顔によって皮脂が落とされすぎてしまうと肌を守るものがなくなってしまい、外部からの影響を直接受けてしまいすぐに肌がカサカサになってしまいます。

乾燥した空気

12019 / Pixabay

空気が乾燥していると体の水分は空気中に逃げてしまいます。

冬場、朝起きたら喉がカサカサになっていたという経験は誰でも1度はあると思います。

空気中の湿度が下がるにつれて肌の水分は蒸発しやすくなっていきます。

ラメラ構造が崩れていればより水分が蒸発しやすいので、すでに乾燥肌の人はより乾燥しカサカサになってしまうのです。

特に冬場は空気が乾燥していることに加えて、室内も暖房でより乾燥しているので最も乾燥肌になりやすくなります。

入浴方法に問題がある

fabsiss2 / Pixabay

ラメラ構造を形成するセラミドやNMFは熱いお湯につかってしまうとどんどん流出していってしまう特徴があります。

そのため熱いお風呂が好きな人は肌が乾燥しやすくなってしまいます。

また水仕事の多い人には手荒れする人が多いのはご存知でしょうか。

これは一度ラメラ構造が崩れてしまうとお湯でなくても簡単に保湿成分が流出してしまうようになるためです。

肌は意外とデリケートなパーツなので、ゴシゴシと摩擦を与えながら洗ってしまうのもよくありません。

物理的なダメージが加わってしまうと角質層がはがれてしまうので自らカサカサな状態の肌をつくってしまうことになります。

アレルギー反応が起こっている

cenczi / Pixabay

肌の乾燥やカサつきはアレルギーが原因になっていることもあります。

アレルギー反応が起こると肌に目立った症状がなかったとしても、免疫力やバリア機能が低下し非常に敏感な状態になっています。

肌に直接原因物質がついてしまった場合はアレルギー反応が起こってしまい、肌はカサカサになってしまいます。

また免疫力やバリア機能も低下した状態なので、外部からの刺激を受けてしまうとすぐに乾燥してカサカサになってしまいます。

アレルギーの場合は原因を特定して、徹底的に避ければ症状が一切出なくなります。

特定のきっかけでいつも肌の調子が悪くなるのであれば、アレルギーの可能性も充分に考えられます。

カサカサ肌の改善方法

ronymichaud / Pixabay

乾燥した肌を改善するのにポイントとなるのが水分と油分の補充と健康状態の改善です。

つまり正しいスキンケアと規則正しい生活を送ることが重要なのです。

それでは具体的にどういった点を改善していくべきなのかポイントを紹介していきましょう。

カサカサの肌を改善するためのスキンケア

ongchinonn / Pixabay

肌がカサカサになるほど乾燥してしまった肌は非常にデリケートな状態になっています。

そのため普通の人と同じようにスキンケアをしてしまうと炎症をおこしてしまったり、全然状態が改善されないといったことになってしまいます。

それでは気を付けるべきポイントと効果的な方法を紹介していきましょう。

肌がカサカサになった時の洗顔

congerdesign / Pixabay

乾燥がひどくカサカサになってしまった肌への洗顔はポイントを抑えておかなければ症状を悪化させることにしかなりません。

肌が乾燥してしまう生活習慣の部分でも説明したように洗いすぎや洗浄力の強さには細心の注意を払わなくてはなりません。

まずは洗顔回数は夜の1回だけにしましょう。

夜の就寝前は日中と比べて外部からの刺激が圧倒的に少ないからです。

日中は紫外線や外気にさらされるためカサつきがでるほど乾燥肌が悪化している人が皮脂を落としてしまった状態でいると症状を悪化させる可能性が非常に高くなります。

皮脂分泌量もかなり少なくなってしまっているのであれば、洗顔をしないのも有効です。

ただし皮脂が肌に残り続けてしまうと過酸化脂質になり肌へダメージを与えてしまうのでバランスを見ながら洗顔の回数をセーブしてみてください。

次に洗顔をする際のポイントは優しく短時間で終わらせることです

肌が非常にデリケートな状態になっているのでゴシゴシと摩擦を加えるような洗い方は症状を悪化させてしまいます。

泡で洗うような感覚で優しく洗いましょう。

洗う順番は皮脂の多いTゾーンから洗いはじめ、最後に皮脂の少ない目の周りや口周りを洗うようにしましょう。

また時間をかけすぎてしまうと肌の保湿成分が流出していってしまうので、乾燥肌の人ほど短い時間で終えれるように心がけましょう。

カサカサ肌への保湿ケア

derplani / Pixabay

カサつきが出るほどの乾燥した肌にはシンプルな保湿ケアが効果的です。

バリア機能が低下しているうえに角質層がめくれ上がっているので、高い効果を期待できる成分でも刺激があるものだと染みて炎症をおこしてしまう可能性があります。

症状がかなりひどい場合はワセリンなど、シンプルで刺激のない成分のみでの保湿ケアから始めましょう。

美容成分は色んな効果を期待することができるのですが、刺激があるものも多いので肌の状態が落ち着いてくるまでは使用を控えるようにしましょう。

落ち着いてくるまでは敏感肌用のスキンケアアイテムを使うのが良いでしょう。

また保湿ケアはタイミングも非常に重要になってきます。

保湿ケアは洗顔後できる限り早いタイミングで行うようにしてください。

これは肌についた水分が蒸発するときに、肌内部に存在する水分を伴って蒸発してしまうためです。

時間が空いてしまうほど乾燥が進んでしまうので水分をすでに失った肌に対して保湿ケアをするという、非常に効果の薄いケアになってしまいます。

カサカサ肌を改善するための生活習慣

jill111 / Pixabay

健康的な生活を送ることは肌を健康でうるおいのある状態に回復させるのに欠かすことができません。

疲れやストレスをためないことや、睡眠時間をしっかりと確保するなど基本的なことは抑えながら、より早く肌を回復できるような生活を送っていきましょう。

それでは肌の状態を改善できる習慣を紹介していきましょう。

栄養バランスを考えた食事をとる

Anelka / Pixabay

肌は食事で取り入れた栄養を使って再生されます。

栄養の中でも肌の状態が悪い時に積極的に摂取してほしいのが

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • 脂質

この3種類です。

まず肌はタンパク質によって作られています。

タンパク質が不足すると健康な状態の肌が作れず、正常な機能が働かない乾燥しやすい肌しか作れなくなってしまいます。

カサついて肌がボロボロになってしまっている状態はタンパク質がなければ改善は難しいでしょう。

次にビタミン類はキレイな肌を作るのに欠かすことができない栄養素です。

種類によって働きは異なるのですが組み合わせて摂取することで肌にうるおいを与え、肌の新陳代謝を活発にしてくれます。

ビタミンは体内で生成することができない栄養素なので、必ず食事で取り入れる必要があります。

最後に脂質は肌のバリア機能を正常に戻すために必要です。

カサつくほど皮脂がない状態はバリア機能がほとんど機能していません。

脂質を取ることで皮脂が生成できるようになり、バリア機能を回復させることができます。

またラメラ構造を整えるためにも脂質は欠かすことができない栄養素なので、しっかりと摂取するようにしましょう。

軽い運動をする

skeeze / Pixabay

運動には血行促進効果と成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

血流がよくなることで細胞の隅々まで栄養がいきわたり、肌の新陳代謝が促進されます。

新しく健康な肌が作られていくことで、カサカサになってしまっていた肌を生まれ変わらせることができます。

成長ホルモンは肌内部に存在するヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌のうるおいを守る成分の生成を促してくれます。

これらの成分は加齢とともに失われていく成分なので、いつまでも乾燥しにくい肌を作っていくには運動する習慣を若いうちから身に着けておくと非常に効果的です。

社会人になると誰でも運動不足になりやすいので、身体を動かすようにしましょう。

紫外線を避ける

AdinaVoicu / Pixabay

紫外線は肌に様々な悪影響を与えてしまいます。

肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸を破壊してしまったり、バリア機能を低下させ水分が蒸発しやすい状態にしてしまったりと肌のカサつきをよりひどくしてしまうのです。

紫外線によって破壊されてしまった肌内部の細胞は二度と治ることがないので、ずっとカサつきやすい肌のままになってしまいます。

うるおいのある肌をキープするのに紫外線は天敵だと言えます。

肌がカサカサになってしまっている時は特に紫外線対策に気を使うようにしましょう。

まとめ

肌がカサカサになってしまう原因とその対策はわかりましたか。

今回紹介した原因の中に心当たりがあれば、その部分を改善するだけでも肌質は大きく改善することがあります。

きれいでうるおいのある肌をキープするためにしっかりとスキンケアに取り組んでいきましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA