汗っかきは今日で卒業!サラサラの肌をキープする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏はすぐに汗でベタベタになってしまい不快感を感じますよね。

臭いが出ていないか気になったり、服に汗ジミができてしまったりと周りに不潔な印象を与えていないか心配になると思います。

そこで本日は汗っかきを改善する方法について解説していきます。

汗に関する基本的な知識

汗は皮膚のいたるところに存在する汗腺からでてきます。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類が存在し、エクリン腺は全身のいたるところに存在しアポクリン腺はワキなどに多く存在します。

エクリン腺から出る汗はサラサラしたものになりますが、アポクリン腺から出る汗はタンパク質や脂質を多く含むのでベタベタとしています。

もともと汗自体にはほとんど臭いはなく、様々な条件が重なることで汗臭さが発生しているのです。

汗がクサくなってしまう原因

汗が臭いを発生させる原因は、汗と皮脂やアカが混ざってしまいそれを雑菌が分解してしまうことです。

そのため皆さん汗をかいた瞬間からクサくなることはなく、時間がたってからクサくなると感じているはずです。

エクリン腺とアポクリン腺では汗が分解されたときの臭いが異なり、エクリン腺の方はいわゆる汗臭いと感じる臭いになります。

汗腺の機能が衰えていると、本来サラサラであるエクリン腺の汗にもミネラル分や老廃物が含まれるようになるのでベタベタするようになり、分解されたときによりクサくなります。

アポクリン腺からでる汗は分解されると、ワキガの臭いが発生するようになります。

エクリン腺の汗とは違い、様々な臭いの原因物質が含まれているのでワキガの特殊な臭いになります。

アポクリン腺の量は親からの遺伝によって決まるので、親がワキガであれば子どももワキガになる可能性は高くなります。

汗をかいてしまう原因

汗をかいてしまう原因には

  • 体温調節
  • 精神的な刺激
  • 香辛料の刺激

この3つがあります。

体温調節はそのままの意味で、上がってしまった体温を下げるために分泌される汗になります。

身体を動かした時や暑いところにいったときなどに、全身から出る汗がこのタイプに分類されます。

精神的な刺激による汗はストレスや緊張などが原因で出る汗になります。

ワキや手など特定の場所にどっと汗が出るのが特徴です。

香辛料による汗は辛いものなどを食べたときに顔やおでこから噴き出すように出てくる汗です。

食べた瞬間だけ出るのが特徴ですぐにでて、すぐにひく汗になります。

汗かきになってしまう人の特徴とは

汗かきになってしまう人の特徴は体温が高いことと、自律神経が乱れていることです。

つまり体温調整と精神的な刺激が原因となってたくさん汗が出てしまっているのです。

これらの原因を持つ人の特徴を1つずつ見ていきましょう。

肥満体系の人

肥満の人が汗っかきなのは皆さんすでにご存知ですよね。

これは脂肪が邪魔になって体内の熱をうまく外に放出できないことが原因です。

熱が全然逃げないので、汗を大量に出して体温を調整しているのです。

見た目は普通なのに内臓脂肪が多い隠れ肥満の人も、脂肪が邪魔で熱がこもってしまうので汗っかきになってしまいます。

運動不足の人

これも聞いたことがあると思いますが、運動不足が続くと汗腺の機能が低下していきます。

汗腺の機能が低下してしまっても体温調整をしないと内臓や脳などに致命的なダメージを与えてしまうことになるので、汗は変わらずで続けます。

そのため汗腺の機能が低下していないところから、すべての汗が吹き出るようになるので部分的に大量の汗が出るようになります

顔だけ汗だくになってしまって腕や足などはあまり汗が出ない人は汗腺機能が低下している可能性が高いです。

ストレスが多い人

ストレスは発汗に大きく関係する自律神経を乱して交感神経が常に優位な状態を作ってしまいます。

この場合は汗っかきというよりは、多汗症という症状になります。

緊張した時や不安を感じた時など、ストレスがかかった状態になるとワキや手のひら、顔といった限定的な場所からのみどっと汗がでます。

交感神経が優位になっているあいだは多汗症がおさまることはありません。

ホルモンバランスの乱れやすい人

これは女性に多い原因になるのですが、生理があるのでどうしてもホルモンバランスが乱れてしまう時期があります。

ホルモンバランスの乱れが交感神経を優位にしてしまうスイッチになってしまい、汗っかきになってしまうことがあります。

生活習慣が乱れた時期や疲れがたまっている時期などもホルモンバランスが乱れてしまいやすいので注意が必要です。

汗っかきを解消するための方法

自分がどういった理由で汗が大量に出ているのかがわかれば汗っかきは治せます。

原因になっている部分を改善すればいいだけなのです。

しかし、脂肪が原因の人はダイエットをしないといけなかったり、ストレスが原因になっている人は生活を変えたり精神的に強くならないといけなかったりとかなりハードルが高くなります。

そこで今回はそこまで気合をいれて取り組まなくてもできる汗っかきの解消するための方法を紹介していきます。

服装で体温を調整する

初歩的なことですが通気性のいい服を着たり、涼しくなる素材のインナーを使うなどの工夫をしましょう。

最近は機能性インナーの性能が非常に高くなっています。

冷たく感じる生地のモノや、汗をしっかり吸ってシャツなどに汗ジミが出にくいモノなど様々です。

簡単に手を出すことができるので非常におススメです。

サプリメントを使う

汗が多くなってしまっている原因をサプリメントで解消していく方法は根本的に汗っかきを解消することにつながります。

自律神経を整えたり、過剰に出てしまっている汗の量を調節したりできるため非常に高い効果が期待できます。

ただし、薬ではないのでしばらくは飲み続ける必要があります。

制汗アイテムを使用する

根本的な解決にはなりませんが、汗を抑えるグッズは即効性もあるので必ず使用したほうがいいでしょう。

社会人であればすでに身だしなみやマナーを考えて既に使用している人がほとんどだと思います。

汗が多くてメイクがすぐ崩れてしまう人や大きな汗ジミができてしまうといった悩みは今すぐにでも解消したいですよね。

制汗アイテムにはただ汗を抑えるだけでなく雑菌の繁殖を防いでくれるものもあるので、汗の臭い対策にも高い効果が期待できます。


 

まとめ

汗っかきだと周りからどう思われているのか気になってしまいますよね。

体質を改善していく必要があるので、正常な汗の量に治まるまでは少し時間がかかるかもしれません。

続けやすい方法を選んでじっくり取り組みながら、暑い日は服装などを工夫して汗が目立たないようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA