悩みがあるなら本を読め!読書が人生のヒントになる理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今あなたには何か悩み事はありますか?

ほとんどの人は悩み事を解決するために周りに相談したり、1人で考えて解決しようとしていると思います。

実は読書がどんな悩みの解決にも大きく役立つことをご存知ですか。

そこで本日は読書でどんな悩みでも解決できる理由を解説していきます。




この世にあなただけが経験する困難などない

geralt / Pixabay

恋愛の悩みであろうと、仕事の悩みであろうと、自分だけしか経験したことがない困難など存在しません。

現在生きている人、過去に生きていた人の数を合わせると約1000億人分もの生きてきた道が存在します。

時代とともに生活環境は大きく変わり、技術も大幅に進歩しましたが悩みの本質的な部分は変わりません。

周りの人にはあなたの気持ちや悩みがわからなかったとしても、同じような悩みを抱え、それを解決した人は必ずいます。

そして悩みを解決できるような優秀な人はだいたい書籍を残しているのです。

自分で考えるよりも圧倒的に解決が早い

同じ悩みを持った人が書いている本は、その問題を解決するための方法を本に書いてくれています。

完全に状況が同じということはないので自分の状況に当てはめてアレンジを加える必要はありますが、1人で考えこむより早く、より効果的に問題を解決できます。

0から自分で考えて問題を解決するのはかなりのエネルギーが必要です。

しかし本で得た知識を活用すると、ゴールまでの道のりが見えてくるので肉体的にも精神的にも楽に問題を解決することができます。

これだけ多くの本が存在するのに活用せずに自分で全て解決しようとするのは時間と体力を無駄に使っていると言えます。

困難にぶち当たっても動じなくなる

anaterate / Pixabay

生きていく中で人は必ず多くの困難を経験します。

仕事に恋愛、人間関係など成長するにつれ新しい壁にぶち当たります。

そんな困難を乗り越える時にも読書は心強い味方になってくれます。

1冊の本を読むだけでも様々なジャンルの知識が身につくので、新たな困難に遭遇しても今まで蓄積された知識を活用して乗り越えることができるのです。

また新しい成長の壁にぶち当たる前に、本でその壁を乗り越えるための方法を知っていると自分がどういった風に努力をすればいいのかわかるので、無駄なく壁を乗り越えることができます。

まとめ

悩み事を自分だけの力で解決するのは1番難しく、精度の低い方法です。

自分の持っている知識や経験で対処できなかったから悩み事になっているのです。

そんなときは読書で先人たちの知識を身に着け、悩みごとに対処していくようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA