美容師が教える!白髪が生える原因と対策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

白髪を見つけると「自分も老けたな」と悲しい気持ちになりますよね。

白髪交じりの髪の毛になると見た目年齢が一気に老けるので、ふと鏡を見たときに自分の老化を感じたことがある人も多いのではないでしょうか?

そこで本日は皆さんが嫌いな白髪が生えてくる原因と対策について解説していきます。




白髪ができるメカニズム

Kincse_j / Pixabay

髪の毛が白髪になってしまう原因は、髪の毛に色を付けている色素幹細胞という細胞が働かなくなることです。

この細胞が働かなくなる原因は様々で

  • 加齢
  • 紫外線
  • 血流の悪化
  • 栄養不足
  • 遺伝

などがあります。

それぞれの原因を解説していくので、どの原因で自分に白髪が増えているか当てはめながら見てください。

加齢によって白髪が生える理由

geralt / Pixabay

20歳を超えると人間は老化していきます。

色素幹細胞だけでなくすべての細胞が機能低下していきます。

機能低下をおこすことで髪の毛につけるための色が作れなくなり、白髪が生えてくるのです。

髪の毛は色素幹細胞によって色がつけられるまでは無色透明なので、そのまま生えてきて白髪になります。

色素幹細胞は1度働かなくなってしまうと再生することはないので白髪は黒髪に戻ることはありません。

紫外線によって白髪が生える理由

PixelAnarchy / Pixabay

紫外線には細胞を破壊する効果があります。

頭は身体の中で1番上に位置するので紫外線を受ける量がダントツで多くなります。

そのため夏場の紫外線が強い時期は白髪ができやすくなります。

つむじ周りや分け目といった髪の密度が薄い部分に白髪が集中している人は紫外線によって白髪が増えている可能性がかなり高いです。

血流の悪化によって白髪が生える理由

Buecherwurm_65 / Pixabay

全ての細胞にも言えることですが、充分な栄養素が色素幹細胞に届いていなければ正常な働きをしてくれません。

色素幹細胞の場合は栄養が不十分だと髪に色を付けるためのメラニン色素を作れなくなってしまいます。

頭皮が硬くなっている人や、頭皮の色が赤や黄色になっている人は血流が悪化しているので、すでに色素幹細胞に充分な栄養が届いていない可能性があります。

栄養不足で白髪が生えてくる理由

JerzyGorecki / Pixabay

栄養不足も血流の悪化と同じでメラニン色素を作れなくなってしまうことが原因で白髪ができてしまいます。

キツい食事制限のあるダイエットをしている人などがこの栄養不足による白髪に悩まされることになります。

男性の場合は栄養不足と血流の悪化は薄毛の原因にもなるので注意してください。

遺伝によって白髪が生えてくる理由

WikimediaImages / Pixabay

色素幹細胞の強さは遺伝によって決まります。

遺伝によって色素幹細胞が弱い人は紫外線や栄養不足などの影響を強く受け、すぐに細胞が働かなくなってしまうのです。

しかしあくまで白髪ができやすい環境はが遺伝するのであって、親に白髪が多いと子どもも100%白髪になるというわけではありません。

白髪対策をしっかりしていれば親は白髪で髪が全部白いが、子どもには全然白髪がないなんてこともあります。

有効な白髪対策とは

jarmoluk / Pixabay

1度白髪になってしまった部分はもう戻ることがありません。

今後、再生医療が発展していけば色素幹細胞を移植したりして白髪を完全に治せる時代が来るかもしれませんが、生命にかかわる優先すべき問題ではないので、まだまだ先のことになるでしょう。

今の私たちにできるのはこれ以上白髪を増やさないようにする予防です。

それでは効果的な白髪の予防法について解説していきましょう。

頭皮マッサージは白髪予防にも有効

jackmac34 / Pixabay

薄毛予防でもよく効果的だと言われている頭皮マッサージは白髪予防にも効果的です。

頭皮のコリを解消することは血流の改善につながります。

血流が良くなることで充分な栄養が届いていなかった色素幹細胞にも、充分な栄養がいきわたるようになり白髪が生えにくい環境を作ることができます。

完全に働きを止めていない色素幹細胞であれば充分な栄養素が届くことで、再び活発に働いてくれる可能性もあります。

育毛効果のあるシャンプーなどを使うとより効果が高まるので、おススメです。

紫外線対策は欠かさずに

VaniMasaro / Pixabay

紫外線は浴びてきた期間の長さによって細胞へのダメージが変わってきます。

子どものころからずっと分け目が同じだと10~30年も同じ場所に直接紫外線があたり続けたことになります。

10年以上のダメージの蓄積は白髪となってあらわれます。

分け目を変えてみたり、髪に使える日焼け止めや帽子、日傘など紫外線の強い夏場は頭皮を守るアイテムを必ず使うようにしましょう。

規則正しい生活を送る

MonikaP / Pixabay

栄養素の偏りや寝不足など血流が悪化することや栄養が不足するような生活は白髪を増やすことになってしまいます。

規則正しい生活を送ることは白髪の予防にも効果的なのです。

ストレスも血管を収縮させるのでため込むことはいけません。

まとめ

白髪を予防するためには普段から規則正しい生活を送ることが理想です。

老けた見た目になるのが嫌であれば、若いうちから白髪予防に取り組むことは必須と言えるでしょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA