もう治らない!?ドライヤーをしないと髪がボロボロになる理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドライヤーで髪の毛を乾かさずに寝てしまう人は多いですよね。

私が働いている美容院でも髪を乾かさずに寝てしまうお客様がいらっしゃいます。

こういったお客様には「髪の毛がボロボロになってちぎれても知りませんよ」とお伝えしていますが、切れ毛が大量発生して片方だけ毛が極端に短くなってしまったり、表面の毛が指も通らないほどボロボロになって絡まってしまうまで乾かさない人がほとんどです。

なぜ髪を乾かさないと髪の毛がボロボロになってしまうのか詳しく解説していきます。

この記事で少しでも髪の毛を乾かしてくれる人が増えることを願います。




美容師は髪を触った瞬間に乾かしていないのがわかる

Jo_Johnston / Pixabay

私の場合は初めてのお客様であっても、髪の毛を触って1秒以内で乾かしてなかったらわかります。

ずっと乾かしてない人であれば触らなくても、ちょっと離れた位置から見ただけでわかります。

ほとんどの美容師は髪を乾かしていないかどうかわかっています。

これは髪が濡れたまま寝てしまう人のダメージがあまりに大きいこと、極端に傷んでいる場所が特徴的であること、手触りの悪さが特徴的であることから本当にすぐわかります。

ドライヤーをしていない人の特徴

RyanMcGuire / Pixabay

濡れたまま寝ている人には共通の症状があるので、それさえ知っていれば美容師でなくてもすぐわかります。

  • 後頭部の髪が激しく傷んでいる
  • 髪の毛を触るとものすごくキシキシ
  • 表面にものすごく色落ちしている部分がある
  • 頭皮から独特の臭いがする
  • 部分的に切れ毛がひどい
  • 右と左で傷み方が全然違う

これらの特徴のうち1つが当てはまれば乾かしてない可能性が高く、2つ当てはまれば確実に乾かしてないことで髪がボロボロになっています。

このように他のヘアダメージと比べてかなり特徴的な傷み方をします。

どうして濡れたままだと髪の毛がボロボロになるのか

panajiotis / Pixabay

ドライヤーをしない人の髪の毛が激しく傷んでしまっている原因は、キューティクルがこの上なくボロボロになってしまうからです。

髪の毛には水を含むと柔らかくなり、キューティクルが開くという特徴があります。

この柔らかい状態の髪の毛に少しでも摩擦が加わると、キューティクルがはがれて髪の毛に穴が開いてしまうのです。

穴が開いてしまうと髪の原料であるケラチンタンパク、水分、油分などあらゆるものが抜け落ちていくので、中身がスカスカになってしまうのです。

中身がなくなった髪は軽く引っ張っただけでちぎれてしまうほど脆くなってしまいます。

カラーやパーマの薬が作用する部分がなくなっているので、染まりにくいうえに色が落ちるのもすごく早い、パーマが全然当たらないしすぐ落ちるといったどうしようもない状態になります。

思い通りのカラーやパーマにはならない

mccouvin / Pixabay

髪質が難しいケースや求めているカラーやパーマが技術的に難易度が高いケースは美容師の技量によって結果は全然変わってきます。

しかし髪を乾かさずにボロボロになった髪は、どんな技量の高いカリスマでも完璧に扱うのは不可能です。

さらにある程度のダメージレベルになってくると、『誰がやってもどうにもならない』状態になります。

染まる場所、曲がる場所がなくなってしまっているので、もはや素晴らしい技術でも質の高い薬剤を使っても意味がないのです。

髪の傷み具合から寝相の悪さがなんとなくバレる

claudioscott / Pixabay

濡れたままの髪の毛で寝てしまうということは、布団や枕によってこすれてしまった部分だけが極端に傷みます。

たいていの人は表面の髪の毛がボロボロになります。

そして寝るときに下にしている場所の髪が1番強いダメージを受けます。

このようにダメージレベルが場所によって全く違うので、普段からちゃんと乾かしていないことがばれてしまいます。

稀に乾かさなかったことによるダメージを全体的に感じる人がいます。

確認してみるとしっかり髪を乾かしておらず、ものすごく寝相が悪い人がほとんどです。

間違いなく頭がクサくなるので覚悟せよ!

髪を乾かさないで寝るということは、頭皮が長時間にわたって高温多湿な状態に保たれることになります。

この環境は雑菌が増えるのに最高の条件が整っています。

頭皮に雑菌が増殖すると中年男性のような古い油のような臭いが性別関係なく発生します。

乾かさないのであれば頭がクサくなるのは避けられないのであきらめてください。

また1度臭いが出るようになってしまうとかなり気合を入れてケアしないと全然改善されないのも覚悟しておきましょう。

まとめ

髪の毛をドライヤーで乾かすだけでこれだけのトラブルが未然に防ぐことができます。

キレイに髪を伸ばしたい、カラーを長持ちさせたいなどの希望があるのに髪を乾かしていない人がいますが、一生その希望はかないません。

いいシャンプーやトリートメントを調べて購入する前に、まずは髪を乾かすことからヘアケアを始めていきましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA