このままだとハゲる!?意外と知らない抜け毛と切れ毛の違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きたら枕元に髪の毛が大量にあったことはありませんか?

このままだとハゲてしまうんじゃないかと不安になったことがある人もいると思います。

実はこういったケースでは抜け毛だと本人が思い込んでいるだけで実は切れ毛だったというケースもあります。

そこで本日は抜け毛と切れ毛の違いについて解説していきます。




抜け毛の原因と特徴

Pexels / Pixabay

多くの男性が恐れているのがこの抜け毛ですよね。

根元から抜けてしまうため、先端に毛根がついていると抜け毛であると判断できます。

男性、女性関係なく抜け毛は毎日発生し、平均で1日50~100本は抜けると言われています。

髪の毛には成長のサイクルがあり、成長を終えた髪の毛が毎日抜けていっているので何も問題はありません。

髪の毛の成長サイクルと抜け毛

kmicican / Pixabay

髪の毛の成長するサイクルには

  1. 成長期
  2. 退行期
  3. 休止期

の3つの状態があります。

ほとんどの髪の毛は成長期で、2~6年ほど成長し続けています。

そして退行期という髪の成長が緩やかになる時期をむかえ、完全に成長を止める休止期になります。

この休止期をむかえた髪の毛が抜け落ちることで抜け毛が発生するのです。

薄毛につながる抜け毛とは

mandarinMD / Pixabay

薄毛の原因になる抜け毛には健康的な抜け毛と比べると異なる点がいくつかあります。

  • 成長しきっていない髪が抜けている
  • 抜け毛の量が多すぎる
  • 細く弱い髪が抜けている

など健康的な人の抜け毛とは明らかに見た目が違います。

薄毛は髪の毛の成長サイクルが乱れて、成長期が短くなり、充分に育っていない状態で抜け落ちてしまいます。

充分に成長できなかった髪は細く短かったり、薄くなっている部分の髪だけ強いクセのあるふわふわした毛になっています。

切れ毛の原因と特徴

Engin_Akyurt / Pixabay

切れ毛とは髪の毛が傷んでいる部分に物理的なダメージが加わってちぎれてしまうことです。

髪の毛の扱いが雑だと特に切れ毛が大量に発生します。

抜け毛とは違い、髪の毛の途中からちぎれているので毛根はくっついていません。

切れ毛がある人は普段の生活で髪に強いダメージを与える習慣がついてしまっているので、同じ生活習慣のままで切れ毛がなくなることはありません。

切れ毛がおこりやすい人の特徴

cherylholt / Pixabay

普通にしていれば、切れ毛が発生することはほとんどありません。

髪の扱いに大きな問題があるか、髪が特殊な状態であるかのどちらかです。

髪の扱いがマズイ人は

  • 濡れたままの毛で寝る
  • 濡れた毛にアイロンやコテを使う
  • 絡まっている髪を雑に扱う

こういった扱いをしていませんか。

濡れた髪の毛を雑に扱うと絶対に切れ毛が発生します。

髪が1番柔らかい状態に物理的なダメージが加わると耐え切れないのです。

また絡まっている髪の毛も無理やり引っ張るとちぎれてしまうのは簡単に想像できると思います。

髪の状態が特殊な人は

  • 髪がデコボコするくせ毛である
  • ブリーチを何回もしている
  • 強いパーマを当てている
  • 縮毛矯正やデジタルパーマをしている。

これらの状態の髪はケアをしていても切れ毛が発生してしまう可能性が高くなります。

髪がデコボコするクセは細くもろい部分がいたるところにあるので、どうしてもそこから髪の毛がちぎれてしまうのです。

ブリーチや強いパーマは髪の内部をスカスカにしてしまうほどダメージを与えてしまっているので、健康な髪と比べると簡単にちぎれてしまうほどもろくなってしまっています。

最後に縮毛矯正やデジタルパーマのように髪に熱を加えるとタンパク変性といった現象が起きてしまいます。

タンパク変性をおこした髪の毛も非常にもろく、ひどくなると軽く引っ張っただけでもちぎれてしまうほど弱くなってしまうのです。

まとめ

抜け毛と切れ毛の違いは理解できましたか?

この記事は抜け毛が多くて困っているというお客様の状態を見てみると、実は切れ毛が大量発生していたというケースがあったので書くことにしました。

自分の髪に抜け毛が起こっているのか、切れ毛が起こっているのかわからない人はぜひこの記事を参考にしてどちらなのか調べてみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA