化粧品の疑問に答えます!オーガニックや無添加ってどういう意味!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

化粧品を選んでいるときに

  • オーガニック
  • ボタニカル
  • 無添加
  • 天然由来

などなんだか肌に優しそうな表記を見かけたことはありませんか?

本日はこれらをはじめとした化粧品の特徴がどういう意味なのか解説していきます。

はっきりとした意味が分かっていない人がほとんどだと思うので、ぜひこの記事を化粧品選びに役立ててください。

オーガニックの意味とは

1番よく耳にするのがこのオーガニックという言葉ではないでしょうか。

オーガニックとは『有機栽培という野菜の栽培方法』のことを指す英語になります。

有機栽培とは自然に近い状態で育てる栽培方法とイメージしてもらうとわかりやすいのですが、化学肥料や農薬に頼らず家畜の糞尿や堆肥といった、動植物由来の肥料で野菜を育てる方法です。

この有機栽培で作られた野菜、植物を使って作られているのが本来のオーガニックコスメということになります。

欧米では日本よりもかなりオーガニックが注目されており、きちんと基準を満たしているオーガニックコスメであるかを認定する機関が多く存在します。

環境に優しいこと、他の天然成分に比べてアレルギーのリスクが少ないことなどのメリットがありますが、自然の成分を多く含んでいると化粧品としての安定性は低く、変性をおこして肌に刺激を与えること、長持ちしにくいことなどのデメリットもあります。

日本のオーガニックコスメには問題が多い

化粧品の製造や企画、開発などの仕事をしたことがある人は全員がご存知でしょうが、日本ではオーガニックの成分がほんのわずかでも入っていればオーガニックコスメとして販売することができます。

認定機関のある欧米と比べると国産のものはオーガニックコスメとしてのレベルがかなり低いのが現状です。

まずオーガニックの材料ばかりで作るとコストが高いうえに変性によるトラブルが起きやすくなります。

さらに欧米の認定機関からオーガニック認定をもらうためにもかなりコストがかかることもあり、オーガニックだけにこだわって化粧品を作るのは相当ハードルが高いのです。

オーガニックにこだわるのであれば国産の化粧品よりもヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどのしっかりとした認定機関に認められた化粧品を選びましょう。

ボタニカルの意味とは

最近急に見る機会が増えてきたのはこのボタニカルというワードではないでしょうか。

ボタニカルは化粧品やシャンプーだけでなく、ファッション、インテリア業界でも使われています。

ボタニカルとは『植物の』という意味の英語です。

つまりボタニカルシャンプーやボタニカルコスメは植物で作られたシャンプーや化粧品、ボタニカル柄は植物の柄ということになります。

有機栽培された植物を使ってコスメを作っているとオーガニックボタニカルコスメということになります。

ボタニカルコスメといっても原料の全てが植物ではない

ボタニカルには基準が全くありません。

植物由来の成分が入っていたらボタニカ

ル成分配合と表記することができます。

ほとんどの化粧品やシャンプーには植物由来の成分が含まれています。

つまり表記がされていなくても今販売されている化粧品やシャンプーはほぼすべてボタニカルコスメと言えます。

ただ植物由来の成分だけが肌や髪に良く、化学成分が全て肌や髪に悪影響を及ぼすわけではないので、ボタニカルだけにこだわるのはあまり意味がありません。

無添加の意味とは

無添加という言葉は色んな所で耳にするので知らない人はいないでしょう。

化粧品における無添加とは着色料、香料、鉱物油、防腐剤などが含まれないことを言います。

しかし、防腐剤や香料が含まれていて、着色料だけ使われていないものでも無添加化粧品になります。

何か1つでも添加物が含まれていなければ無添加化粧品になるのです。

無添加化粧品にも法的な基準はないので無添加だから安全というわけではありません。

特定の添加物にアレルギーがある人は無添加化粧品であっても、自分がアレルギーを起こす添加物が含まれていないか確認する必要があります。

ちなみに添加物がなければ化粧品類は作れないので、全く添加物を使っていない化粧品はこの世に存在しません。

無添加の化粧品を選ぶときは、消費者側もよく注意しておいたほうが良いでしょう。

天然由来成分とは

これも宣伝でよく見かけるワードですよね。

天然由来成分とは植物や動物にからとれる成分に化学的な処理をしたものです。

化学処理なしで作られる天然成分100%の精油などは刺激が強すぎて肌荒れをおこします。

一般の人は植物などの天然成分が増えると安全性が高いと思っていますよね。

実は大きな間違いで、化粧品の中に天然成分の割合が増えるほど肌荒れやアレルギーの危険性は高くなります。

そのため天然成分を化学処理をして、刺激を抑えたり浸透性をよくして化粧品に使用するのです。

まとめ

化粧品によく使われる言葉の意味はわかりましたか?

ちなみにこの記事で説明したオーガニックや無添加だから肌や髪に優しいということはありません。

あくまでその化粧品がもつ特徴の1つと思っておきましょう。

巧みな宣伝文句にだけつられず、しっかりと良いものを選べるようになりましょう。

また、天然成分と化学成分の違いについて、詳しく知りたい方はリンク先の記事もご覧ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA