足がクサくなってしまう人必見!原因と効果的な消臭対策はコレだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日お風呂で洗っているのに外出して靴を脱いだら足がクサくなっていることはないですか?

足を洗っていないわけでもないし、清潔にしているつもりなのにクサくなるとずっと臭いがなくならないのではないかと不安になりますよね。

外出先で靴を脱ぐのもためらってしまいますよね。

そこで本日は足の臭いを徹底的に撃退するために、足の臭いが発生するメカニズムから解説し根本的に臭いの原因を解説していきます。

もう靴を脱いでも恥ずかしくならない自分を手に入れましょう。

なぜ足はクサくなるのか

結論から言ってしまうと足の臭いが発生する根本的な原因は雑菌の繁殖にあります。

足には汗腺が多く汗が多いことと、もともと多くの雑菌が生息しているという特徴があります。

汗の中に含まれる古い角質を雑菌が分解するときに臭いが発生し足がクサくなってしまうのです。

この臭いを発生させる雑菌は古い角質をエサとしているので、臭いを発生させながら増殖していくので放っておくとどんどんクサくなっていきます。

水虫も同時に発症していないかチェックしよう

水虫の菌と足の臭いを発生させる菌は別のものですが、繁殖するために必要な環境は同じです。

汗をかいても靴下や靴でおおわれているため蒸れてしまう環境は雑菌が繁殖するには最適な環境なのです。

足の臭いが発生している時は同時に水虫まで発症してしまう危険性が高くなります。

  • 指の間にかゆみがあり、皮膚がジュクジュクしている
  • 足の裏に湿疹ができ、赤く大きくなってくるとかゆみがひどくなる
  • かかとが乾燥して白くひび割れてしまっている
  • 爪が白く濁り変形してボロボロになってしまう

これらの症状がある場合は水虫にも感染している可能性があるので要注意です。

普段から足の臭いが発生しにくいように工夫を

普段から臭いが発生しない対策をしておけば臭いは予防できます。

つまり雑菌が繁殖しやすい状態になるべくしないように工夫するのです。

毎日はいている靴下や靴の通気性が悪く蒸れてしまうことが原因で雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのでまずはこの2つを改善していきましょう。

足がクサいなら靴下は絶対に変えるべき

足は汗を多くかくため靴下には汗を吸収する性質とすぐに乾く性質の両方を持ったものがベストです。

ただ吸収するだけでは蒸れる状況が改善されないため効果がありません。

靴下を選ぶ際は吸水性の高い素材とすぐに乾く性質の素材の2種類が使われているものにしましょう。

化学繊維や吸水性が高い素材だと靴下にまで雑菌が繁殖してしまいます。

また靴下にまで雑菌が繁殖してしまうと、当然靴にまで雑菌が移ってしまい靴からも臭いが発生するようになります。

足の臭いに悩んでいるなら靴の手入れは絶対必要

足や靴下の臭い対策をしたところで靴に雑菌が繁殖していれば臭いを消すことはできません。

靴下だけでなく靴にもしっかりと対策をしていきましょう。

まず最初に取り組んでほしいのは、毎日履く靴をローテーションで変えて、履いていない靴は陰干しをして中の湿気を取りましょう。

既に臭いが気になっている人は足の臭いに効果のある中敷きを使用することをおすすめします。

足で繁殖してしまっている雑菌が減るわけではないので根本的な解決方法にはならないのですが、靴に雑菌が移ってしまうのを防げたり、足の臭いを抑えることはできるので靴を脱いだ時の臭いが不安な人は応急処置として使ってみましょう。

雑菌を減らして足の臭いを根本的に解決するには

足の臭いを完全に解決するには原因となる雑菌を減らすこと、増やさないことが必要になります。

菌を増やさないようにするには足を常に清潔な状態に保つことが必要になります。

そこでポイントになるのはお風呂で足を洗う時です。

お湯につかることで汚れが浮き上がり、洗ったときにしっかりと汚れを落とすことができます。

既に臭いが気になる状態の人は足の臭い専用の石鹸やボディーソープで洗ってください。

雑菌は普通のボディーソープや石鹸で洗うだけでは充分に殺菌できません。

臭いの原因となる雑菌に対して殺菌効果を持つ成分の含まれている専用のものを使いましょう。

また洗うときは指の間や爪の周りなど蒸れて雑菌が発生しやすいが適当に洗ってしまいがちな場所もしっかり洗うようにしましょう。

足湯で1日でも早く雑菌を抑える

足の臭いを1日でも早く改善したい人はお風呂で洗うのとは別で足湯も取り入れていきましょう。

くるぶしぐらいまでつかるバケツを用意してそこにお湯とミョウバンを入れてください。

足に傷があるときはミョウバンがしみてしまうので濃度は足の状態や臭いに合わせて調整していきましょう。

ミョウバンには殺菌効果と臭いを抑える効果、汗を抑える効果があるので足の臭い対策には最適です。

この足湯に最低でも10分はつけておくようにしましょう。

薬ではないので1回や2回で改善されるほど劇的な効果はないですが確実に雑菌を抑える効果があります。

足の臭いを今すぐ抑えたいなら足の消臭スプレーを

飲み会がある場合や友達、恋人の家に行く予定があるなど緊急で臭いを抑えなくてはいけない場合は消臭スプレーに頼るしかありません。

しかしスプレー選びや使い方を間違えれば臭いが混ざってとんでもないことになります。

まずスプレーを選ぶときは制汗作用と除菌効果のあるものを選びましょう。

臭いを重ねてマスキング効果で臭いを消してしまうタイプは時間がたつと雑菌が新たに作り出した臭いと混ざってより強烈なにおいが発生する可能性が高いです。

そしてスプレーを使うタイミングは臭いが発生する前にしてください。

既に臭いが発生している場合は靴下などにも雑菌が移っているので足の臭いを抑えきるのは非常に難しいです。

朝出かける前に必ず1度スプレーをしておきましょう。さらに外出中に足が蒸れてしまったらトイレなどで足をふいてからもう一度消臭スプレーを使用すれば臭いが発生する可能性が低くなります。

まとめ

足がクサくなってしまうと周りからどう思われているのか不安になってしまいますよね

しかし対策方法さえ知っていればすぐ改善できるし、緊急時にも対策することができるのです。

自己流の対策をしながら1人で悩まず、これらの方法を試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA