【今すぐ消したい!】顔にできるブツブツの正体と治し方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前髪をあげておでこを見てみると小さいブツブツができていて気になったことはありませんか?

痛みもかゆみも感じないので特に気にすることなく放置している方も多いと思います。

しかし前髪をかきあげるような大人っぽいスタイリングをしたい人にとってはデコボコした見た目が気になって嫌になりますよね。

そこで本日は顔にできるブツブツの正体と効果的な改善方法について解説していきます。解説していきます。

顔にできる小さなブツブツの正体とは

顔にできる小さなブツブツの正体として考えられるものは3つあります。

  1. ニキビの初期段階
  2. 湿疹
  3. 毛穴につまった古い角質

小さなブツブツにかゆみや赤みがあれば湿疹であると判断できます。

しかしニキビの初期段階(白ニキビ)と毛穴につまった古い角質の塊(稗粒腫)はどちらも白っぽく、かゆみや痛みもないので見分けるのが難しくなっています。

症状が悪化してくるとニキビは炎症をおこし広がっていきますが、古い角質の塊によるブツブツは放っておいても症状が悪化することはありません。

白ニキビの症状とできてしまう原因

白ニキビは毛穴に角栓がつまり、その中に皮脂と古い角質がたまってしまうことが原因でおこります。

通常であれば古い角質や皮脂が混ざってできる角栓は新陳代謝によって排出されます。

しかし皮脂の分泌量が多くなったり、肌が乾燥して硬くなってしまったり、老化により新陳代謝の機能が低下してしまうことで毛穴に角栓がつまってしまうようになります。

生活習慣が乱れたり、ストレスが増えた時期に肌の調子が悪化してできることが多いので、自分でも調子が悪いと感じる時期にブツブツができるのであれば白ニキビである可能性が高いでしょう。

白ニキビの状態が悪化するとニキビの内部で雑菌が繁殖して炎症を起こします。

炎症をおこしたものが皆さんのイメージするニキビの状態です。

この状態になったニキビは赤ニキビと言われ、内部で雑菌によって毛穴の内部が傷つけられています。

雑菌が肌の奥にある真皮まで到達してしまうと色素沈着によるシミやクレーター状の跡がずっと残ってしまいます。

白ニキビを早く治す方法

白ニキビはまだ内部で炎症が起こっていないので自分で潰しても跡が残らないケースが多いです。

しかし潰したところから雑菌が侵入して炎症が起こる可能性も低くはないので、あまりおススメはできません。

潰しても生活習慣や食生活、ストレスが改善されてない限り何回も繰り返しニキビができてしまいます。

根本的に白ニキビを治すには生活習慣を改善しないと不可能です。

  • 睡眠時間の確保
  • ストレスの発散
  • バランスの良い食事

上記を改善することは白ニキビだけでなく、肌全体の調子に影響を与えるものなので真っ先に改善に取り組んでください。

また白ニキビを改善するために洗顔方法を見直しましょう。

洗顔で毎日汚れが落とせていれば白ニキビはできにくくなります。

しっかり泡立てて洗顔料を使うことや、泡で顔全体を洗うことなどの基本をもう一度見直してみましょう。

湿疹の症状とできてしまう理由

顔にできる湿疹には外部環境が原因になるものと内部環境が原因になるものがあります。

外部環境が原因になる場合は、その原因物質に触れた場所だけに湿疹が出るのが特徴です。

  • 金属
  • 化粧品
  • 紫外線
  • 植物

上記のものが触れたときなどに症状が出るケースが多いです。

内部環境が原因になる場合は顔以外にも色んな場所に湿疹が出ることが多いです。

  • 食べ物によるアレルギー
  • 温度変化によるアレルギー
  • 内臓の不調によるもの

上記のケースは内部環境が原因となって湿疹が出てきます。

湿疹は赤く小さなブツブツでかゆみをともなうことがほとんどです。

症状が悪化すると水ぶくれができ、痛みをともなうこともあります。

湿疹を素早く改善するためにするべきこと!

湿疹をなるべく早く治すためには原因となっているものを見つけ出すしかありません。

外部要因が原因であれば自分でも原因となる物質を見つけられることもありますが、内部要因や目に見えないものが原因の外部要因のものは自分で完璧に見つけ出すことは不可能です。

そのため病院で検査を受けることを強くおススメします。

アレルギーであれば原因となる物質に接触する限り治らないですし、カビ菌やダニなどによるものであれば治療を受けないと改善が難しいことがあります。

原因がわからなければどうすることもできないので、まずは皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

稗粒腫の症状とできてしまう原因

稗粒腫は目の周りの皮膚が薄く、毛穴も少ない部位にできやすい特徴があります。

稗粒腫ができてしまう原因は皮膚の表面に近いところで角質がたまってしまうことになります。

見た目は白ニキビと似ているのですが触ってみると硬く、痛みも感じません。

体質によってできやすい人もいるそうです。

稗粒腫は放っておいても悪化することがなく、問題がないので症状と呼ぶほどのものはありません。

しかし見る角度や光の当たり方によってはすごく目立ってしまうので、見た目に与える影響は決して小さくありません。

稗粒腫を早く治すための方法

稗粒腫を早く治すのはそこまで難しくなく、皮膚内部にたまってしまった老廃物を取り除けばすぐに改善されます。

しかし、細い針で穴をあけてからでないと老廃物の出口が全くないので押し出すことができません。

また目に近い場所に稗粒腫はできるので、みずから細い針で穴をあけるのは非常に危険です。

下手に肌の内部を傷つけてしまうとそこからシミやニキビができてしまいます。

跡が残ってしまわないように最初から病院で治療してもらうことをおすすめします。

皮膚科ですぐに治療してもらえます。

まとめ

顔にブツブツができてしまうと恥ずかしいと感じたり、落ち込んでしまいますよね。

原因がわかって正しく対処すれば比較的早いうちに顔のブツブツは治すことができます。

自分で原因がよくわからない時は皮膚科で専門のお医者さんに診てもらってすぐに治してしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA