【モテたい男性必見!!】肌がキレイな男になるためのスキンケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若い女性からモテる男性に共通する特徴をご存知ですか?

答えは見た目の清潔感です。

この見た目の清潔感に最も影響を与えるのが肌のキレイさです。

モテることが目的でなかったとしても職場に女性が多かったり、娘に嫌われない父親でいるためにも肌をキレイにすることは大きなメリットになります。

そこで本日は男性の肌の特徴と男性に合わせた肌をキレイにするための方法について解説していきます。

男性の肌と女性の肌の違い

最近は大手の化粧品メーカーも男性用のスキンケアアイテムを販売しています。

多くのメーカーが男性用と女性用のアイテムを分ける理由は男性と女性の肌質の違いによるものです。

男性の肌は女性の肌には4つの異なる点があります。

  • 皮脂分泌量が2~3倍
  • 水分量が少ない
  • 水分保持力が低い
  • 皮膚が分厚い

上記の特徴があることから男性の肌は外部からの刺激には強いが、常に内側は乾燥して表面はベタついているのです。

乾燥してベタつく男性の肌は毛穴のつまりや雑菌の繁殖が起きやすいため、ニキビや肌荒れになりやすい特徴もあります。

肌トラブルが起こりやすいデメリットはありますが皮膚が分厚くて強いという特徴から、見た目の肌老化は女性と比べてスピードが緩やかであると言われています。

男性の肌にニキビや肌荒れが起こりやすい理由

乾燥して皮脂が多いという特徴を持つ男性の肌は毛穴がつまりやすく、雑菌が繁殖しやすいという特徴があります。

肌は乾燥すると硬くなります

肌が硬くなると毛穴まで硬くなってしまい、毛穴の中に入った汚れを排出する機能が働かなくなってしまいます。

皮脂を出す皮脂腺は毛穴の内部に位置するため、毛穴がふさがれていると出口を失い毛穴の中にたまっていきます。

ニキビや肌荒れの原因になる雑菌や顔ダニなどは皮脂をエサとして繁殖するので毛穴の内部で異常繁殖してしまい、毛穴の内部を傷つけて炎症をおこしてしまいます。

この炎症をおこした状態がニキビや肌荒れということになるのです。

また毛穴の内部を傷つける雑菌が肌の真皮という奥のほうまで到達し、傷がついてしまうと真皮はきれいに傷を修復する機能がないのでいびつな形で肌を再生してしまい、クレーター状の跡が残ってしまうのです。

肌が乾燥していることによるデメリット

肌老化しにくい特徴を持つ男性の肌ですが、肌が乾燥している状態が続くと老化スピードは加速します。

肌が乾燥すると肌が柔らかさを失うのでキメが粗くなってしまい、肌のツヤ感やハリが失われて周りの人から急に老けた印象や疲れた印象を持たれるようになります。

またキメが粗くなると溝になっている部分がくっきりと目立つようになり、シワが増えてしまうのです。

特に皮膚が薄い目の周りは影響を受けやすいので若い20代のうちからでもシワが目立ってしまうのです。

老化以外にも乾燥によるデメリットは多く、表面の刺激から肌を守るバリア機能が機能しなくなり、刺激に強い男性の肌でも敏感肌になってしまうことがあります。

敏感肌になってしまうと外部からの刺激に過剰な反応をするようになり、炎症が起こってしまったり、皮膚が薄くなってしまい血管が透けて顔が赤くなってしまいます。

このように肌の乾燥がひどくなってしまうと男性の肌が持つ刺激に強く老化しにくいという特性は失われてしまうのです。

乾燥肌に悩んでいて、本気で改善したいと考えている方はまず先にリンク先の記事をご覧ください。

皮脂の分泌量が多いことによるデメリット

皮脂が多くベタつく肌のデメリットの中で最も厳しいのは、「皮脂が多い男性の見た目を女性は1番嫌がる」という点と言えるでしょう。

女性は清潔感のない男性の見た目を嫌います。

そのため見た目の清潔感を大きく損なう肌のベタつきやテカリが絶対にNGだという若い女性は非常に多いのです。

また過剰に分泌された皮脂が雑菌に分解されるときに、女性が本能的に最も苦手とする臭いが発生します。

中年男性が発する独特の古い油のような臭いと言えばイメージしやすいかもしれません。

この臭いは30歳ごろから何もケアをしていないとすべての男性から発生します。

視覚でも嗅覚でも女性が本能的に嫌だと感じる男性がモテるはずがないのです。

皮脂が多い状態が長いとそれだけ雑菌が繁殖しやすい環境が続いたことになるので、症状は悪化し続けることになります。

さらに男性の皮脂分泌量は10代から40代までほとんど変わらないので自然に改善することは少ないです。

より皮脂が過剰に分泌される理由と対策について知りたい方はリンク先の記事をご覧ください。

遺伝によって生まれつき肌質はある程度決まっている

肌質はある程度遺伝すると言われています。

キメの細かさや毛穴の大きさ、皮膚の強さなど肌の持つ性質は特に遺伝の影響が強くなります。

また肌の性質以外にもニキビなどの肌トラブルも遺伝すると言われることがあります。

肌トラブルの遺伝は皮脂の量が多いなどの性質が遺伝しているため、親と同じ肌トラブルが起こりやすくなるのです。

また、子供のころは親と同じ生活習慣、食習慣になりやすいのでより同じ肌トラブルになりやすい環境になるのです。

男性は見た目年齢に差が出やすい

同窓会や結婚式で数年ぶりにあった友人が急に老けていて驚いたという経験をしたことはありませんか?

おそらく25歳以上の方はほとんど経験していると思います。

老けにくい肌質の男性でも何の対策もしていないと毎日スキンケアをする女性や健康的な生活を送っている男性と比べると老化するスピードは1番早くなってしまうのです。

さらに年齢を重ねるにつれて老化スピードは当然加速するため、見た目年齢の差は広がっていく一方になります。

また健康的な生活、スキンケアをしてきた男性とは肌の水分量や皮脂量に差があるため、何もしてこなかった男性は肌トラブルが起こりやすくなります。

つまり手入れををしてきた男性は清潔感を保ち続けるので何歳になってもモテ続け、何もしてこなかった男性は昔はモテたけど今は全くダメという状態に確実になってしまうのです。

スキンケアの方法からまず知りたいという男性は、まずリンク先の記事をご覧ください。

男は夏の紫外線で老ける

女性と比べて紫外線対策をしている男性はあまりいません。

実は紫外線は肌を破壊し老化を進める恐ろしい光なのです。

紫外線には日焼けをおこして肌が黒くなってしまう以外に、肌の奥深くまで届いて細胞を破壊します。

肌内部の細胞が破壊されてしまうと肌の弾力が失われて深いシワができたり、水分を保つ力が低下して常に肌が乾燥するなど一気に肌の老化を進めてしまう症状がでてしまいます。

これらの紫外線による老化は日焼けとは異なり、内部でゆっくりダメージが蓄積されて年齢を重ねると突然シワやシミとして表面にでてきます。

毎日のヒゲ剃りによる肌へのダメージ

男性特有の肌ダメージとして毎日のヒゲ剃りがあります。

カミソリが肌に当たることで肌の表面は毎日削られて傷ついています。

肌表面が削られてしまうことでバリア機能が働かなくなったり、皮膚が薄くなってしまうので肌が敏感になってしまうことがあります。

カミソリによって口周り、アゴ周りだけ肌が弱くなってしまい乾燥肌の症状になり、おでこから小鼻にかけては皮脂でベタつくようになってしまうのが男性の肌が最もなりやすい混合肌の状態です。

男性の肌をキレイにする方法!

男性の肌を清潔感のあるキレイな状態に保つ基本は

  1. 汚れをしっかり落とす
  2. 水分を補い保湿する
  3. 紫外線から肌を保護する

この3つだけです。

これに加えて規則正しい生活習慣を遅れれば、あなたは清潔感があり何歳になっても女性から魅力的だと思われる見た目をキープすることができます。

洗顔で皮脂や汚れをしっかり落とす

皮脂分泌量が多い男性にとって毎日余分な皮脂や汚れを落とすための洗顔は欠かすことができません。

皮脂をそのままの状態で放置することでニキビや肌荒れになるリスクが高くなり、臭いはほぼ確実に発生します。

洗顔に取り組むときは気を付けるべきポイントがいくつかあります。

  • 泡立てネットを使用してしっかりと泡立てる
  • ゴシゴシと力を入れて洗わない
  • 時間をかけすぎない
  • 1日に何回も洗顔をしている

上記のポイントを無視して洗顔に取り組むと逆効果になることがあります。

まず洗顔をするときは泡で洗うイメージで取り組んでください。

泡立ちの悪い状態であれば汚れをとる力が不十分なうえ、摩擦で肌が傷ついてしまいます。

また力を入れて洗うことも同じく摩擦で肌表面を傷つけることにしかならないのでやめておきましょう。

力を入れて洗顔をしていると皮膚の薄い目の周りや口周りから乾燥してくるので注意しましょう。

次に洗顔のし過ぎも肌にとって悪影響になります。

皮脂が多いから時間をかけて洗っても、1日に何回も洗っても肌がキレイになることはありません。

洗顔に時間をかけたり、1日に何回も洗顔をしてしまうと必要以上に皮脂を取りすぎてしまうことになり、乾燥肌になるか今の状態よりも多く皮脂が出るようになってしまいます。

洗顔は多くても朝晩の2回で、1分程で終わらせるようにしましょう。

そして洗顔後は必ず保湿ケアに取り組むようにしてください。

オススメのメンズ洗顔料については、リンク先の記事で詳しく紹介しているので、いい洗顔料を使いたい男性はぜひご覧ください。

男性の肌をキレイにするのに保湿は欠かせない!

男性の肌をキレイにするには保湿ケアは絶対に欠かすことができません。

水分が少なく、皮脂が多い肌を整えるためには肌へ水分を補い、蒸発しないように留めることが必要になります。

保湿ケアは皮脂や汚れを洗顔で落とした後に取り組みます。

保湿ケアに使用するアイテムは

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム
  • 美容液
  • オールインワン

上記のものから組み合わせて使います。

ちなみに男性の場合はオールインワンタイプ1本でスキンケアを完結させる人が多い傾向にあります。

スキンケアアイテムを使用する際も洗顔と同じく力を入れずになでるようにつけていきましょう。

このとき少し手で温めてから付けたほうが浸透しやすくなると言われています。

それぞれ別々で揃えることができるメンズコスメは数に限りがあるため、コスパと品質も考えると男性の場合はオールインワンタイプを選ぶのが最も良いでしょう。

オススメのメンズオールインワンをランキング形式で紹介しているので、興味のある方はぜひ一度ご覧ください。

化粧水だけで終わる保湿ケアは意味がない

スキンケアに取り組んでいる男性の中には、化粧水だけでスキンケアを終えてしまう人がいます。

これはあまり効果がないか逆に肌の乾燥を今よりも進めることになってしまいます。

まず化粧水の本来の役割は「肌に水分を補い、次につけるアイテムの有効成分が浸透しやすいように肌を整える」ことです。

なのでせっかく化粧水をつけて浸透率が高くなっている肌に何もつけないのでは化粧水の効果を十分に発揮できません。

また化粧水の成分のほとんどは水でできているため、そのままにしておくと蒸発してしまいます。

肌表面の水分が蒸発する時にはもともと肌の内部にあった水分も一緒に蒸発してしまうのでケアする前よりも肌が乾燥してしまいます。

お風呂上りに何もつけないでしばらく放っておくと水が蒸発して顔が乾燥してつっぱってくるのと同じことです。

特に乾燥肌に悩んで保湿ケアに取り組んでいる人は症状がすぐに悪化してしまうので乳液やクリームといった保湿成分が多く含まれるアイテムまでしっかり使うようにしてください。

日焼け止めは必ず使うようにしよう

清潔で若い見た目を保つためには紫外線から肌の細胞が破壊されるのを防がなくてはいけません。

男性が日焼け止めを選ぶ際のポイントは汗や皮脂で簡単に流れてしまわないものを選びましょう。

女性用に作る日焼け止めは男性の肌が1日で分泌する皮脂量に対応できるほど取れにくくはつくりません。

これは男性の肌に合わせて取れにくく作ると女性の肌には刺激が強すぎるためです。

男性用に作られた日焼け止めは取れにくいだけでなく、男性が苦手な使用した時のベタつきをかなり抑えたものが多いためつけても快適に過ごすことができるメリットがあります。

ただ日焼け止めの種類や強さによっては肌に合わないこともあるため刺激を感じたり、使用後に肌が荒れたりすることがあれば直ちに使用をやめて別の商品を使うようにしましょう。

紫外線の恐ろしさについて紹介している記事がありますので、正しい知識を身に付けたい方はぜひ一度ご覧ください。

まとめ

肌をキレイにして何歳になっても女性からモテる男性になる方法はわかりましたか?

実際に取り組んでいくと最初は変化が少なく、めんどくささを感じることもあるでしょう。

しかし30を超えたころに同年代の人とスキンケアを続けてきた自分の顔を見ると、圧倒的な見た目年齢の差がついていることに気づくでしょう。

何歳になっても男性として魅力的であるならば直ちに清潔感のある見た目を演出していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA